トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

ライディングブーツについて

底の厚めな革靴でこのところ乗っていたけど、
やはり足首や踝が保護されていない不安感があるので、早急にブーツが必要。

昔は、ライディングブーツには、シフトアップで左のつま先が駄目になるから、
補強のあるバイク用を使うか、革スニーカーにつま先ガードを付けて乗っていた。
オイルレザーの編み上げブーツは、雨がしみて靴下濡れた。
編み上げ+サイドジップの安全靴は、つま先の鉄芯がシフト感覚を妨げ履かなくなった。

KGのシフトペダルは、シーソータイプなのでかかとでシフトアップ可能だから、
つま先の事を気にせずに靴を選べる。
ジャングルブーツやエンジニアブーツでもOK。
もちろんハイカットスニーカーも。
ライコで見かけたアルファ社ロゴのバイカーズブーツも中々良さ気だったけど、
頻繁には使わないからカビさせるだろうし、やっぱり合皮が良いね。

でwebで色々見ていて見つけたのが、合皮の安全靴。軽いし水濡れに強い。
高所作業用は靴底が薄くて心配だけど、セル付きだし平気かな。
これからの季節は冷えが伝わるから除外した方が無難?

で、気になったのは
3本ベルトのサンダンスCL-25N、はちょっといかついか?北斗の拳っぽい?ヒャッハー!
Cn25laa

荘快堂VO-#60やFUJITEのセフメイト#9980は、見た目がバイクシューズっぽい。
SKDは緑色ステッチがアクセント。
Skd_vo60

セフメイトも踵に反射鏡がついて、夜間視認性にも考慮してある。
Safemate_9980

そんな中、合皮に青色ステッチ、マジックベルト+反射ラインのDRAGON W-8070が気に入った。

ロイヤル、ケイヨーD2、島忠、ワークマン、作業着ショップを数件巡ったが意中の物を置いてない。
でも、通販で買うとサイズ違いの時困るし、安全靴買うなら試着は必須。
上記アイテムで実際に店頭で見かけたのはセフメイトだけ。
で、web検索してメーカーへ取扱小売店を聞いてみると、割と近所で扱いがあること判明。
メーカーさん、発売元さん、有り難うございました。

クシタニの鹿革ブーツに大枚出せた学生時代とは状況が違うから、現状で楽しめる方法を探すのは大事。
3500円なら1年で潰しても惜しくない。防水スプレー掛けて早速日曜に出かけたい・・・。

他にも、シンメン-410とか、ART116Rとか、あと百式とか、
足首保護できる安全靴の種類がいろいろ多くて、十数年ぶりに安全靴売り場巡って新鮮だった。

新たな刺激を求めてアウトドア用品やハンズもたまにいってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グローブについて

すっかり涼しい日が定番化し始めた9月の終わり。
08年夏に上野コーリンで買った薄い革手袋を使ってる。

これからの季節、駅への通勤約10分には、コーナンのウェットスーツ生地っぽい手袋を使っていたんだけど、
宮が瀬を目指すとなると、心許ない気がしていた。
東京タワー訪問時にナックルガードが役立つのを体感できたけど、
やっぱり手袋必要だな。


ってことで
いつも悩むのはサイズ。
俺の手はLとLLとの中間。
メーカーによってはLだと小さかったり、LLだと余りすぎたり。
バンデットの時は南海部品でLL買って少し大きく、指先が余って邪魔だった記憶有り。

で、web検索していて見つけちゃったグローブ。
在庫処分で半額、に釣られてポチったラフローの青。
サイズはL。


若干小さいか?でもこれでLならLLは絶対指先余る、んじゃないか?
だからこれでいいか。

グローブ 3980円。一応予算内。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

予算の振り分け

毎月の限られた予算をどうYBRに振り分けるか、が当面の課題。

俺にとってのYBRは、近県ツーリングの足なので、移動時の負荷を減らす方向に予算分配するとなるけど、負荷が具体的じゃないので解釈の仕方に幅があるので絞り辛い。
基本、最優先は安全確保
もらい事故含めて生き延びることを考え、最優先でエンジンガードを取り付けた。
こいつは本来転倒時のエンジン保護だけど、その時は華奢なフレームが逝くだろうから車体の保護としては立ちゴケくらいだろう。目的は転倒時の足の挟み込み防止。

○ヘルメット、グラブ、パンツ、ブーツの装具類で、走っていて感じた下半身側の手薄さ。
特に足首、踝は保護されていないのでブーツは大特急で必要だけど、ナップスライコ2りんかんと見たが、自分のイメージに合うのがなかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

トリップメーターの検証

トリップの表示がおかしかったことから記録していた距離をまとめてみて検証してみる。
Kyorikakuninn
23日にの給油時に0リセットしてから、25日の帰宅までで大きなずれはなく、
問題なく作動していると考えて良さそうだ。

しかし、急に寒くなってきてしまって、今後のソロツーの予定どうしようか?
タンデムで近場練習してみるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

ヘルメットホルダー取り付け

買ってあったけど取り付け位置を決めかねたままだったヘルメットホルダー
Dsc07009

遠乗りの予定が変更になって、時間が出来たのでサクッと取り付ける。

準備した物
Dsc07008
ヘルメットホルダー、2mm厚ゴムシート、4mm6角レンチ

GとKGでの違いの一つ、リアシートのグリップ。
KGはリアキャリアと一体型なので、Gの様にシート下にはグリップがなく、ヘルメットホルダーをどこにつけるかちょっと悩む。
左後ろのウィンカーが外れやすいから、ここにはあんまり付けたくないんだけど、他に候補もないので
リアグリップ左側に取り付ける。
グリップが細いので、ゴム板を1周分切り出して巻き付けてから、取り付け
Dsc07010

使っていけば慣れるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンジンガード取り付け位置調整

ショップで指摘を受けたエンジンガードとエキパイの接触
Dsc07002

Dsc07001

この状態だとエキパイから熱が伝わりエンジンガードが熱くなる。

で、早速外してステーの穴を確認。
Dsc07004
留めネジは穴の端にあたっていることから、位置調整は不可。
なのでルーターで1mmほど横に穴を広げる。

Dsc07007


Dsc07006

クリアランスが確保できた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オイル交換

リアブレーキを踏んで信号で止まった際に、沈み込んだ車体が戻るときに気になる音がする。
「ぎっ」とも「ぎゃっ」とも表現しにくい音なんだけど、どうにも今までに聞いたことがないような音。
これは、納車直後からで、経時変化はなく都度大きかったり小さかったり。

東京タワーからの帰りに気づいた、メーター針の揺れ。
60km/h巡行中に見ると、針がフラフラ揺れている。

この2点が気になったので、ショップに行ってみることに。
環状2号は車の流れが速い。
途中で川崎ナンバーの白バイが合流してきてちょっとびっくりした。

ショップについて話を聞いてもらう。
音はリアドラムシューの当たり音ではないか?とのこと。
アームの調整をしてもらった。
メーター針の揺れは、そんなもんだろう、との事。

KGが展示されていないので聞くと、完売したそうだ。
そのうち街中でKGとすれ違うことがあるんだろうか。

折角持ち込んだので、少し早いがオイル交換してもらう。
580km走った後のオイルは、かなり金属粉が出ている様子。
換えてもらってよかったかな。

あと、ショップから
エンジンガードがエキパイと接触していると指摘を受ける。
見ると、確かに隙間がない。取り付け時の確認不足だ。
帰ったら位置調整しないと。

12時に帰宅。
Dsc07003
累計走行605.4km。トリップ316.2km。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

慣らし運転第4回 その2

品川、を越えて泉岳寺の先、笹川記念館を通過したあたりで思い出した。
三田へ行く手前で左折し、目的地を変更。
Dsc06984

前方に見えてきたのは、東京タワー

5時30分東京タワー着
110925_05320002


Dsc06989

3月11日の地震で塔の先端が曲がったとニュースでは知っていたけど
実際に見ると確かに曲がってる。
ワイヤーで地上に引っ張っているようだった。

ここまで来てトリップは正常作動のようなので、問題ないかな。
寒さもこたえるし疲れも出てきた様なので、無理はしないでおこう。
スカイツリーも今日は諦め。
自宅方面へ折り返す。冷えておなかが痛くなってきたので、通り沿いの
↓マクドナルド第一京浜鮫洲店で、コーヒーブレイク&トイレ休憩
Dsc06991
6時9分。トリップ223.5km。

来た道をそのまま帰るのもなんなので、環状7号へ進み国道1号を目指す。
ちょっと行きすぎて東京スバル碑文谷店脇で小休止。
Dsc06994
6時30分。トリップ233.6km。

国道1号線に進み、青木橋を直進し保土ヶ谷駅前を抜けて再度1号線を進む。
Dsc07000
7時30分に無事帰宅。総走行距離555.1km。
500kmを超えたので6000回転まで心おきなく回せる。慣らしもあと500kmだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回慣らし運転 その1

YBRでまだ夜間走行していない、と気づいたので
土曜の夜は早めに就寝し、日曜早朝に走ってみることにした。

Dsc06972
朝4時10分、累計469km、トリップ179.7kmが本日のスタート

↓4時34分、ワールドポーターズ前の船員ホテルだっけ?で1枚
Dsc06978

パシフィコ横浜前の道路は、そのまままっすぐいけるようになっていたので道なりに進み、橋を渡り15号へ合流。

↓トリップ190km
Dsc06979

↓4時55分、トリップ197km
Dsc06981

↓5時1分、199.8km 多分川崎の交差点で
Dsc06982

↓5時22分、累計500km突破。夜が明けてきた
Dsc06983
トリップは今回異常がない様子なので、とりあえず一安心。
当初の予定は東京を抜けて千葉まで行こうと思っていたんだけど、
とにかく寒い。
寒いのは見込んでジーンズの下にはヒートテックタイツを履き
ジャケットの下にもヒートテックの長袖Tシャツを着込んだのに、それでも寒い。
なるほど、すれ違ったスクーターもモコモコの格好だったから
この時間帯で活動してる人たちはそういった装備なんだな、と納得。
ナックルガードのおかげで指は平気だけどこれで乗り続けるのはちょっとしんどいな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

慣らし運転で気付いた点など

走っていて気になった事なんかを記録しておく

○リアブレーキの音
ちょっと走り出してフルブレーキして車体が沈むと「ギッ」っというか、なんか音がする

○キャブのアイドリング
高すぎたり低すぎたりと安定しない。ある程度走った後では暖気後に安定していたアイドルが高くなってしまう。

○トリップメーターの怪
150km以降200kmに近くなるとおかしな表示になるはずなので忘れず確認。

ついでに、今回のお土産。
自分用に↓
Dsc06951
まるごとぺったんこ。試食したチリメンがうまかった。肴だね。

家族用に↓
Dsc06952
和洲のうり坊、ぐり坊


| | コメント (0) | トラックバック (0)

慣らし運転 3回目 その2

道の駅 伊東マリンタウンは、温泉もある複合施設みたい
Dsc06944
なんだけど、食べ物屋さんの退店が結構あったらしく、そこは今後埋まっていくらしいものの
現段階では残念な感じ。

で、早い昼飯はかき揚げそばにした

Dsc06941

食べ終わったら、お土産を買って家を目指す。
ここまでの走行距離は89km

Dsc06948

帰りも当然下道で帰る。125未満だから。
11時ころ伊東を出発。
真鶴有料道路も走れないし、交通量も多いがガシガシ走る。
2時間ほど走り、13時前に茅ヶ崎高校前でトイレ休憩。
Dsc06949

更に1号線を進み、戸塚のナップスで道草。ブーツとグローブを物色する。

帰宅は14時半


Dsc06950


| | コメント (0) | トラックバック (0)

慣らし運転 3回目 その1

3連休の初日金曜日、朝7時に家を出発。

↓給油前
Dsc06932

↓給油後
Dsc06933
前回、トリップメーターは180km以後100の位を先取りし始めたので、今回はその動作も確認する。

1号線のトヨタ(旧スバル)前で青いYBR125のGかKGとすれ違った。
ライトガードとフェンダーは分かったけどバイザーまでは認識できず。

日曜と違い国道1号線は車が多いが、藤沢バイパスは流れてる。
300kmまでの縛りが無くなって、5000回転まで回せるので流れに乗ることは十分可能。

最初の休憩は、
Dsc06954
国道1号線の茅ヶ崎レッドバロン交差点。
約1時間走行して、トリップは23.4km、ODDは312.6km。
日曜に箱根を目指したときは暑かった。ジャケットの下はメッシュのTシャツだった。
今朝はジャケットの下にヒートテックの長袖Tシャツだけど、寒い。
ここで止まってオーバーパンツを履いて寒さ対策。
このパンツも10年使ってるんじゃないかな・・・?
茅ヶ崎の国道上にも松葉が堆積している。
酒匂川も流れは濁流。
台風の影響がまだまだ残ってるんだ。

1号から135号へ左折して湯河原方面へ。

調子よくどんどん走り、次の休憩は熱海を越えたところ。
通りかかるとバザーをやっているようなので立ち寄ってみた。
会場はうみえーる長浜。
トイレ休憩してぐるっと見てみるが、デイパックに余裕がないのと昼飯にはまだ早いので、買い物は我慢。
きのこ汁食べたかったなぁ。
家を出て2時間半でODD365.4km、トリップは78.2km。
順調なのかな。


結局伊東まで来てしまった。
アンディランドまで行こうかどうしようか悩んでいたら、サンハトヤの先に道の駅ができていた。
Dsc06947


| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンジンガードを付けてみた

朝、バイクカバーをめくってみると、YBRは無事だった。
と思ったけど、右サイドカバーの溝に水がたまってる。
風が強かったから巻き込んだのか?カバーが破れている様子は無いし、ちょっと良く分からないな。


ヨーロッパヤマハの純正オプションで、国内ではモトコが輸入しているという
エンジンガード(黒)を取り付けてみる。

↓取説を見て作業をイメージ。
Dsc06924
フレームのボルト2本を抜き、上のボルトはエンジンガードステーを締めこむ。
下のボルトはガードに付属のキャップボルトに変更し、アルミカラーを挟みこんで締めこむ、と。

↓車体側。
Dsc06925
赤○が14mm、黄○が12mmでこれを緩めて抜き取り、エンジンガードを当ててみると
KGのアンダーガードが干渉して取り付けられないことが判明。
青○のボルトを外す。同サイズのものが車体下部に2本の計3本で留めてある。


↓取り付け後。
Dsc06928
ガード付属のキャップボルトは、100均工具の六角レンチセットの一番大きいサイズで間に合った。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

台風一過

台風15号で被害に遭われた方の一日も早い快復を祈念いたします。

河川の増水により電車が止まり、家に帰れなくなった。
ので、YBRの事がとても心配。

家族の無事は確認できたし、
YBRは転倒していないことまでは確認できた。

あとは帰ってシートめくってみないと分からないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

気になることなど

個人的な覚書を(このブログ全てがそうだけど)
・メーターバイザーがたつき
 なんだか緩い気がするんだけど、単気筒の振動対策なのかもしれない。ショップに確認しよう
・メーターの黄色い警告等
 キーon時に一瞬点灯するこれは多分、キャブヒーター関連ではないかと。
・タンクコック
 6時がON、12時がRES、9時がSTOP。コックは落下式(負圧じゃない)ので、
 乗らないときはキャブのフロートに掛かる負荷を減らすためにもOFFにする事
 →戻し忘れて発進後しばらくしてエンスト、を既に何度か経験。慣れるしかないかな。
・タンクキャップ
 ヒンジ式でなくバネで外れるキャップなので、鍵で押し込むと負荷が掛かって鍵が曲がるかも。扱い注意
・チェーン
 ノンシールの細いチェーンなので、エンブレ多用するとすぐ伸びるそうだ。俺はエンブレ多用するタイプ。
 1000km慣らし終了後のオイル交換時に合わせてショップで確認してもらおう
・マフラー
 音は静かなほうが良いのでノーマルで十分、と思っていたけど、持たせてもらったカスタムマフラーの軽さは魅力。軽量化は大事だし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

台風が来る・・・?

沖縄をぐるっと回って方向転換、という
迷走っぷリがすげー台風が水曜あたりに来るらしい。

残念ながら、俺のYBRは屋外でバイクカバー掛けて保管なので、
風で飛ばされないように、車体にくくりつけるゴム紐を
100均で買ってきた。

車体が倒れるほどの風への対策は、
サイドスタンドを使って、サイドスタンドと逆の車体右側を擁壁側にして設置。
更に100均で買った虎ロープを使ってシートの上からリアキャリアと擁壁フェンスを括ってみた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

慣らし走行 その2

まだ昼飯の時間でもないので、次はどこへ向かうか。

とりあえず1号に戻り、横浜方面へ。
Dsc06877
通りすがりに小田原城前で休憩して、自販機でペットボトル購入。

この後、信号まちですり抜けていったら、YSP川崎中央のステッカーがついたYBRが。
しばらく後ろにつかせてもらって並走し、国道134号との分岐でお別れ。
さすがに134号は車も多いし、サーフィンやバーベキューで浜辺はにぎわってる。
江の島で昼飯でも、と思ったけど島への橋は大渋滞。
江の島は諦めて134号を稲村ケ崎へ向うも、生シラス屋も30人以上並んでる。

    

Dsc06878
結局鎌倉滑川のローソンで昼飯にする。
今は駐車場が工事中。タイムズと提携するらしい。
この立地では車長時間停めて海で遊ぶ輩が多かったんだろうな。

で、メーター表示なんだけど。
Dsc06879
累計264.6km、だけど
トリップ表示がおかしい。
どうも100の位がどんどん先取りして表示していく。
再度0に戻して、それどもおかしいようならショップに相談しようか。


この後は鶴岡八幡前から鎌倉海道経由で家へ向かう。
途中で100均へ寄り、洗車道具を購入。

二日潮風に当たったから、やっぱり洗車しないとね。
洗車の仕上げはブリスしてみる。


本日の最終走行後の表示
110918_14280001
累計287km
トリップはおかしな表示


朝の出発が累計123.8km、トリップ97.5kmなので、その差26.3km。
帰宅時が287kmなので、逆算するとトリップは満タンにして260kmくらい走ったことになるか。
今度の3連休は、再度満タンにしてトリップ0からの記録を残してみよう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

慣らし運転 その1

昨日に引き続き慣らし運転の距離を延ばすため、6時半に家を出る。
Dsc06868
車体引き取り時の走行距離3km、家まで累計26kmの後、慣らし運転で累計123.8km、満タンにして97.5kmが今朝の乗り出し状態。

国道1号を西へ向かう。とりあえず1時間か2時間走るつもりでどこまでいけるかは不明。
戸塚から藤沢バイパスは車の流れが速く、4000回転50km走行は危険だったので、
6000回転で走る。
茅ヶ崎から先で路面の濡れた形跡散見。雨が降ったのか?

Photo
1時間半ほど走り、小田原市小八幡あたりで一度休憩。
まだまだ行けそうなので引き続き1号を西へ。

箱根へ向かう車の列がすごい。
「箱根新道は無料」と再三表示が出るが、125cc未満は通行不可だって。
なら1号を進もう。と思ったけど宮の下で国道138号へ進んでしまう。
Dsc06871
8:46ということで開いていないのか、観光案内所は閉まっている。

2時間チョイ走ったのでトイレ休憩すると、壁に地図が。
Dsc06872
仙石原のススキを見て帰ろう、と思い立つ。

仙石原交差点まで戻り、県道75号へ入る
Dsc06873
ススキ原を通り過ぎ、レイクアリーナ箱根前で停車。

Dsc06875
家から2時間半、累計200.8km、満タンから174.5km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

最初の遠乗り

車両を受け取った後、まとまった通り雨でちょっと出鼻をくじかれた感が強く、
雨の中駐輪したまま昼飯食べる気にもならず、
更には雨の降ってない場所では残暑が厳しくウェアが暑い、ってのもあって
一度帰宅。

3連休初日の昼前後なのに、市内に交通量は多めなので、
どこへ行こうか決めかねるままとりあえず出発。
16号を下っていくが、最初の走行距離300kmまでは4000回転で慣らし、とwikiに書いてあったが、
実際の走行で4000でシフトアップとなると、1速→2速がせわしない。
シーソーシフトペダルの踵踏み込みでのシフトアップは初めてでなかなかなれない。

横須賀ダイエー前のアスファルトに雨の痕跡。
そこ以外には特に雨の感じは無い。

そのまま観音崎方面へ抜けてみる。
走水小前の下りコーナーで、久々に車体を倒す感覚を味わい懐かしいようなヒヤッとするような。
グリップが弱いタイヤ、との先入観もあるが、細いからなぁ。

観音埼灯台横を抜けて、県道209→県道210→国道134号と進み、海岸線を走る。
今日は風が強い。

134号行政センター東交差点横のローソンでコーヒータイム。
燃料はたっぷりあるし、もう少し先へ進んでみる。

国道134号から県道26号へ。
デイパックすら持ってこなかったので折角の野菜直売所も素通りする。

京急三崎口駅前で写真撮って引き返そうかとなんとなく思っていたけど
ここまで来たついでに三崎漁港へ行ってみることに。

夕方でも産直施設うらりは閉店していなかった。
ポケットに入る大きさで、この暑い中持ち帰りできる土産物、
ってことで

Dsc06867

マグロのつくだ煮。
試食したけど美味かった。

ポケットに入れて帰路に就く。夕方も車は多く、ビックスクーターも多い。
4000回転では5速で50kmくらいしか出ないので、50ccにも抜かれる始末。

でもまぁ、のんびりゆったり行くしかないな。
とはいえ、未だその境地にはたどり着けてないなぁ。
その証拠に、出先で撮った写真はマグロのつくだ煮のみ。
バイクの写真撮るの忘れた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

給油記録

セルフスタンドにてYBRへ最初の給油。
もちろんレギュラー
10.34Lで1,396円。
さて、次回までどれだけ走れるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに納車!

Dsc06865

自宅に納車でなく店頭渡しの為、鉄道にヘルメット持参で乗り込んで。
ついに手に入れてしまった。
扱いの説明を受けてさぁ帰ろう、と思ったらいきなりの土砂降り。
降っては止み、を繰り返し、空が明るくなったタイミングを見て出発。

したんだけど、しばらく走ってまた大雨、で歩道橋の下で30分ほど雨宿り。

地下鉄で数駅はなれた場所は雨が降った形跡がない。
店の周辺だけだったのかな?

3リットル弱入れてくれた燃料で、店から23km無事に走破して家の近くのスタンドで無事満タンに。
Dsc06866


| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンドの修理

電池交換のついでに清掃していると
バンドと本体を繋いでいるばね仕掛けの棒(名称不明)が片側曲がっているのを見つけてしまった。
時計屋に行けばあるだろうと軽い気持ちでヨドバシヘ行ったら
部品売りしてくれないとの事

交換作業込みで500円

メンテ中なんで交換しなくていいんですが、と話してもNG

なんだかすっきりしない気分。
予定外の不本意な出費は、その金額にかかわらず後味が悪いよね。

明日は問題なく帰ってこられればいいんだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

腕時計の電池交換

電話を携帯するようになり、腕に時計を着けなくなって久しい。
スーツ用に自動巻のアナログを一個もってはいるが、出番はほとんど無い。
高級腕時計に対する興味もさほど無いし。

ただ、バイクに乗るようになれば、携帯で時間を確認というわけにもいくまいと、
引き出しの中をあさってみると、
110916_08530001
電池の切れた時計を発見。

こいつは山のお供に買ったプロトレック。
軽いな、さすがチタン、と思わせておいてケースはプラという逸品。
10年前に槍に登り、高度記録を残しておいたが電池が切れ、
カシオで電池交換しないと防水機能は補償できないと時計屋で聞いてカシオの営業所に連絡したら
「カシオじゃなくてハンティングワールドへ連絡しろ」とずいぶんぞんざいな扱いを受けた記憶がよみがえる。
営業所の移転を控えてるからってその対応はどうなのよ?
まぁ、昔の話だわね。

で、そのプロトレックの電池が再度切れた。
電池交換後はほとんど使っていないので時計機能のみで有ったと思われるがいつ電池切れたかも定かでないし、
購入して10年経ったこともあるので今回は自分で電池交換することに。

裏板4本ビスをプラスドライバーで外すとビスはサビサビ。
気持ち程度でIPA含ませたウェスでビスの錆をこすり落とす。
電池は東芝のSR927が使われていたので、近所の家電量販へ見に行くと、
マクセルの金メッキ電池が1個250円だった。
これを2個購入。出費は500円。
交換後電池のプラスと、AC表示のある金端子部を短絡させるとリセットされて
正常表示される、と。
以上全てWEBからの情報で、無事作業できました。

でも、時間を視覚的に捕らえやすいアナログ防水の腕時計が欲しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘルメットホルダー購入

110916_12430001


ソケットボルト2本でパイプに固定するタイプで、
チョイノリでは、ハンドル左のスイッチボックス横に付けるようだ。

どこに付けるかは車両が来てみないと何とも言えないなぁ。

【95700-31860】ヘルメットホルダーSUZUKI \1,050円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

ヘルメットホルダー

YBRにはメットホルダーが付いていない。
今までにない事なので、ちょっとあせったけど、
検索したらバイク用品で後付のヘルメットホルダーってのが準備されていて、
用品メーカー以外でyamahaやsuzukiも準備している。

ヤマハの純正はアルミで質感が良いらしいんだけど、
画像で見て一番本体の厚みが薄そうなsuzukiのチョイノリ用を、いつもお世話になっているお店へ発注。
このお店はホンダのショップだけど、スズキの扱いもあるらしい、と
前に気づいたけどスズキの部品を取り寄せいる機会がないので頼むこともなかったが、
良いお店だよね。ここ。
店内にも店頭にもPCXが多数在庫有り、一時期の供給不足は解消されたっぽい。
・・・去年の今頃だったらば、PCX買ってただろうな。

肝心の部品は、明日には入るそうな。
週末に取り付けできるな。ラッキーだ。
会社の近所のコンビニに止まってた黄色のモトコンポのハンドルについてたのは
どうもこれっぽいな。

土曜は、
車体引取→給油→慣らし運転→帰庫→エンジンガードとメットホルダー取り付け
って感じかな。
それとも
車体引取→給油→帰庫→エンジンガード取り付け→慣らし運転
の方が良いかな。

久々のミッション車だからなれるまでは無理しない方が良さそうだし・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

ナンバー取得

販売証明が届いたので、区役所にナンバーをもらいにいった。
125cc未満の原付は、役所の納税課に書類を持っていくとナンバーを交付してくれる。
書類は共通フォームのようで、
例えば、世田谷区役所なんかだとPDFでDLも可能な
”軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書(原動機付自転車・小型特殊自動車)”って書類。
(リンクは貼らないけど、ググれば直ぐにたどり着ける。
これの右下部分をショップが署名捺印してくれればOK。
通常のショップなら、販売車体の情報も記入したものを準備してくれる。

残念ながら、交付されるナンバーは選り好みが出来ないけど、
そこに拘りはないので別にかまわない。
むしろナンバーの色にはちょっと文句言いたいね。
Number
ピンク色。青い車体にマッチしないわぁ。

せめて黄色なら・・・ぐぐったら、自治体により色は自由っぽいぞ。
真贋は定かじゃないけど、大阪市は125未満は黄色プレートだとか。
ちょっとうらやましいぞ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

欲しい物リスト

今月は、車体とジャケットとアクセサリーを
若干予算オーヴァーしながらも確保したので、
次月以降で徐々に揃えたい物を記録しておく。
↓今月購入のアクセサリー、エンジンガード
http://www.motoco.co.jp/YMD%20HOMEPAGE%202010/YBR125/YBR125.html

・グローブ。
今持っている革のグローブでしばし頑張ってみよう。
・革パン
ジーンズ+ユニ黒タイツで頑張ろう。
・ブーツ
エンジニアブーツが欲しいです。ハイカットの安全靴にするかなぁ。
・膝プロテクター
ズボンの下に付けられるのが良いなぁ
・ヘルメット
araiの白フルフェ?Y'sのジェットもいいなぁ

バイク用ナビ
防水のが出てた!↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

ウェアは防具

バンデット400を手放した15年前、
もう乗ることもないだろうと処分してしまったウェア類。

setaのジェットヘル
クシタニのOFF用ライディングジャケット、
安い革ジャン
ハンマーグローブ
豚革パンツ
編み上げブーツ
setaは今はもう無く、クシタニのoff用品も・・・
そんななか、ハンマーグローブが売られていること判明。

当時は浅草あたりに電車で買いに行ったんだよなぁ。
丸頭リベットに黒プロテクターは、時を経てアルミ地がエッジを輝かせて
なかなかな雰囲気だったんだけど
YBR125KGには、ちょっとあわないかな。いかつすぎるし。
当面は今ある手持ちの装備でやりくりするしかないね。

コーリンのセールで買った茶色の革手袋と、
コーナンの安いジェットヘルメットと
革ジャンと
Gパンと
革靴

うーん、下半身の防備が貧弱すぎるか?

革ジャンも体型変化に伴い、やはりもう乗らないだろうと去年牛から馬へ買い換え。
街着としては軽くて快適だけど、二輪に乗る防具としては貧弱だなぁ。

全身揃えることは無理だから、一つずつ買いそろえていくしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

エンジンガード取り付け情報

某掲示板で、エンジンガードについて、FIに取り付けるとホーンが干渉するとの書き込みあり

KGも従来タイプとはホーン取り付け位置が変更されているし、
影響する事が予測される。

ホーン移設が無難だろうな
移設先検討含めて、実車が来ないとなんともだな
エンジンガードは明日届く予定だけど、
車体とのフィッティング次第でステーでも買いに行くか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

車体番号判明

とショップから連絡あり。
明日には入庫するそうで、そのまま納車前整備に入るそうだ。
話した限りでは、ワイヤーへの注油など、基本事項はしっかりしてくれそうだ。

販売証明がいよいよ発行されるので、
届き次第役所でナンバーもらってくれば、いよいよ引き渡しだ。

引き取りは次の土曜を予定。晴れるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

支払完了

内金を除く代金を振り込んだ
乗り出し価格246,600円。
なんとか25万におさまった。

当初予定よりは予算オーバーだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

フロントフェンダーの事

俺が選んだKGは、オンロードバイクを無理矢理オフロード仕様にした感が丸出し。

1382


だがそれがいい。

人によって受け止め方は違うだろうけど、
俺には
二本サスでケツが上がっていない所とか、
ナックルガードとか、シートとか
この昔っぽさが好ましい。
2ストか古いオフ車を、とMT-5とかXTやXLも探してみた。
けど、部品確保の点からも断念。

元々Gを買うつもりでいたんだけど、webで見つけたKGに一目ぼれ?移り気?
タンク周りのボリューム感と、メーターバイザーがついた見た目が好き。
Xl125rparidaka1
こんなボリューム感が良いんだけど。

そんな愛しいKGでも、ちょっと違和感を覚えるパーツがある。
特徴的な分割式フロントフェンダー。

調べると、このフェンダーは2006年モデルのGから採用されたらしく
それまでは他のYBR同様な形状で同様な取り付け位置だった様だ。どちらも拾った画像なんで詳細不明だけど。
Images_1
これがGの旧モデル

Kn
こっちが現行モデル?Fフェンダー違い。

YBR無印やYBR-Kはもちろん今でもこのタイプなので部品の入手は可能だけど、
色が違うっぽい。
GやKGは濃い青色。油性マジックマッキー青のキャップ色とでも言うか・・・
この色は0564深紫深藍色というらしい。

YBR125Gは、年式で二つに分けられる様子
2005年以前のG→2B9F YBR125EGS
2006年以降のG→2B9G YBR125EGD

で、俺が欲しい部品はというと、assyで
2B9-Y2151-02-P0 URforDPBMC
中国ヤマハのHPからパーツリストがDL出来、確認できた。
ちなみに、フロントフェンダーは中国語では
前○泥板(○は手偏に当)というらしい。


こんなのも見つけた。
K9
46S2、って奴かな?
KGでフロントフェンダー、メーターバイザー、ライトガードが違うタイプ。
こいつにメーターバイザー付ければ俺的には最高な気がする。
世界中で売られているだけ有って、YBRは仕様が豊富なようだ。
パーツリストで確認すると、こいつに使われているFフェンダーは
125Gと同じ 2B9-Y2151-02-P0 URforDPBMC だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

拾い集めた情報

といっても、大した物じゃない。
私的な備忘録とでもいうか。


オーナーズマニュアルを訳して抽出。

「燃料コック」
△が横向き・・・off
上向き・・・res
下向き・・・on

「チョークレバー」
上・・・on(暖気時)
下・・・off(通常時)

「キックレバー」
使うときにはNを推奨

「リアサス」
初期値は2。1が最柔、5が最硬

「リアキャリア」
荷重3kg

「プラグ」
推奨銘柄:NGK/CR6HSA
ギャップ 0.6-0.7mm
締め付けトルク:12.5 Nm (1.25 m・kgf, 9.0 ft・lbf)

「エアフィルター」
スポンジは乾式

「アイドリング」
1300-1500に設定
調整は車体右側からキャブのアイドル調整ねじを
右へ回す→高く
左に回す→低く

「チェーン」
たわみ:20-30mm


以下は、wikiから
「馴らし」

0~50km 4000rpm空ぶかし禁止
50~ 500km 5000rpm
500~1000km 6000rpm
1000km以上で全開(8500rpm)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YBR125KGのパーツリスト もしくは パーツカタログ

車体の整備に必要な物といえば、サービスマニュアルとパーツリスト。
パーツカタログとも言うようなんだけど。

過去には何冊かのサービスマニュアルの購入経験はあるし、
今回ももちろん買うつもりなんだけど、
いかんせん国内正規流通車ではない輸入車なので、
日本語のサービスマニュアルがない、らしい。

WEBで検索して見つかるのは無印のYBR、G、Kあたりで
KGは見あたらない。

重慶ヤマハのHPで製品一覧ページを見てみると、KGにはNEW!と表示されていた。
http://www.yamaha-motor.com.cn/home/product/mc/o3/982.html

あぁ、KGはまだ新しいんだな、とKGのページ天剣K越野版に進むと、

Page_kai
右下に下戴の文字がある。

下戴、はダウンロードだっけ?とポチってみると

Dl_kai
パーツカタログがダウンロード出来る。
ヤマハが公開してくれているんだ。
昔はパーツリストが無いと部品が発注出来ず、
バイク屋で見せてもらうか注文してリストを買うか、だったのに。
いまはそういう時代なのか?
ネット社会バンザイ?

で、比べてみたら
YBR125EGS(46S1)とEGD(46S2)で構成部品が違うところが幾つか
S1は、Fフェンダーが分割、ライトガード付、メーターバイザ付、
S2が、Fフォーク一体型、ライトガード無、メーターバイザー無、
あとはステアリング構成部品のヘッドライトステー、エンブレム、フィッティングステーが品番違い。
ということは
俺が買うのは46S1タイプって事か

来るのが待ち遠しいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

GとKGは似て非なる物?

GとKGの違い

おそらく、無印をベースにしたのがG、
KをベースにしたのがKG
と思われるので、
アトラスのhpで諸元を確認してみる

・全長
Gが2020mm、KGが2005mm→リアキャリアの違い?
・全高
Gが1080mm、KGが1170mm→バイザーのせい?
・重量
Gが125kg、KGが126kg
・タンク容量
Gが12L、KGが13L
・最大出力
Gが7.5kw、KGが7.1w
・最大トルク
Gが9.91N、KGが9.9N
・Fタイヤ
GがF:3.00-18 4PR、KGがF:3.00-18 47P
・Rタイヤ
GがR:3.00-18 4PR、KGがR:90/90-18 57P

外観の大きな違い
・KGはメーターバイザー追加
・KGのリアキャリアがメッキ品でグリップハンドル付き
・KGの車体サイド、グラブハンドル無くなった
・KGのホーンの位置がエンジンヘッド前あたりのフレームに前向き
・KGのシフトペダルはシーソー式
・KGはK同様のタンク横シュラウド。

こんなこところかな?

YBRは50km/Lも可能なバイクだから、タンク容量は多い方が良いよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新装備:キャブヒーター付き負圧キャブ

2011年モデルから、キャブレターがキャブヒーター付き負圧キャブに変更になった。
って、キャブヒーターを恥ずかしながら何なのか知らない。
過去の所有車には無かったと思うんだけど・・・記憶にないなぁ。


エンジン始動直後の暖気が必要なのは、マニホールドを暖めるためでもある、と説明を受けた記憶がある。
マニホが冷えているとキャブから出たガスが冷やされ、マニホの壁に貼り付くので、始動直後にぐずる。
ならば暖めが必要なのはマニホでは?
そもそもインシュレータはマニホからの熱が伝わらない役目だった筈。
熱が伝わってキャブの中で燃料が沸いちゃうのを防ぐための物。
なら何でキャブにヒーターが必要なのか?
って調べたら、どうもこんな事らしい。

低温で高湿度の時期に、キャブが凍結してアクセル開閉が出来なくなる、らしい。
おれは経験無いけど。
冬場の早朝、や梅雨時期に起こるそうだ。
おそらくキャブの中のスロットルバルブあたりが凍結し、動かなくなる、って事か?

なら、この装備があることで劇的に始動性が向上する、ってアイテムでは無さそうだ。

強制開閉キャブは、アクセル開度で燃料量を調整するのに対して
負圧キャブは、シリンダー内での爆発で起きる負圧でキャブから燃料が引っ張られるから
ムダな燃料使用が減って燃費が良くなる、らしい。
キャブの上からケーブル出てるのが強制キャブ、
キャブの横からケーブル出てるのが負圧キャブ、
と見分けるらしい。

9/11追記
パーツカタログによると、キャブヒーターは15Wらしい。
エンジン始動時にどれだけ効果有るかはやはり良く分からない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだ受け取ってもいないのに バイクカバー入手

さんざん彷徨したあげく、中華バイク(重慶ヤマハ製)YBR125KGの購入を決意した。

Kg


納車はまだ先だが、受け入れ態勢を整える。
YBRはその大きさから、物置プレハブ小屋には入らなそう。
とすると、駐車場で車の脇に置くわけで、雨対策が必要。
屋根作るわけにも行かないので、バイクカバーを購入しないと。
ただ、YBRが適合車種表には載っていない。
(ヤマハのK'sギアだっけ?には載ってるっぽい)
全長×全高×全幅で、
KGの車体サイズが、2005*1170*745(カタログスペック)

バイクボディーカバーオックスの
Lが、2100*1300*1000
LLが、2200*1350*950
となるんだけど
Lサイズの対応車種TZR125は多分、
2025*1005*695なので、
ちょっと迷ってLLを発注する。併せてU字ロックと、ワイヤーロックも手配して
トータル5,000円程の出費。

カバーは現物試着できないから、買ってみてから確かめるしかない。
大は小を兼ねてくれ!

9/18追記
購入したカバーのサイズはLLで、前タイヤの接地部が少し露出する程度足りないけど、
リア側は丁度いい感じ。
まぁこれでいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

YBR125KG 車体確保

今回の台風で被災された方の、一日も早い復興を心より祈念致します。

Gの車体も置いてある店が解り実車確認が出来る、と土曜の夜にバイク熱が一気に盛り上がり、あちこち検索して妄想を膨らませていた。
リアにはボックス付けようか?
サイドバックとかも有りかな?
メーターバイザーは汎用で大きさ平気かな?
特に、メーターバイザーは、昔から付けたかったパーツ。
なんとか費用捻出して取り付けたいね・・・
なんて考えていると

最初からバイザー装着している車両を九州のショップで見つけた。
同じGなのに、ショップオリジナル仕様か?
と更に探すと、

こいつは今年の新モデル、125KGという奴らしい。
Ybr125kg_1024

大阪の業者と九州の輸入業者が国内に持ち込んでいるようで、
探しても探してもヒットするのは九州のショップばっかり。

KGの存在を知っていながらGを買って満足できるのか?後悔しないのか?
残念ながら潤沢ではない資金で買う機会は一度、
となれば満足できる車体を待つのが常道だけど、
9月は3連休が2回もあるし
冬になれば乗れないから、半年我慢、って選択も無くはないし・・・
と久方の逡巡。

Gを買うつもりだったショップに、扱う予定はないか聞いてみると、
来週2台入荷の予定!!!

この土日は台風襲来を想定して予定を入れていなかったけど、関東は直撃を免れ時折強く降るものの晴れることもあり、外出は可能な状態と判断。
急遽ショップへKとGを見に出かける。


店頭で実車を見比べたら、
KとGでは青の色味が違った
Kは明るい青メタ、Gはコバルトブルー?昔のMTXブルーというか、
フロントフェンダーの色と質感がなんだか懐かしい感じ。


当初買う気満々だったYBR125Gは、車体が189,000円。
販売証明発行 2,100円
自賠責5年  15,600円
納車整備費  18,900円
合計     225,600円

で、KGは、車体が210,000円
この時点で、20万以下の車体を探す秘めた目標はもろくも崩れているわけだが、
販売証明発行 2,100円
自賠責5年  15,600円
納車整備費  18,900円
合計     246,600円
と、車体の差額21,000円がもろに響くわけだけど、25万での乗りだしが可能。

この21,000円の差で、
Pic_002_1024

◎メーターバイザーがついた
◎タンク容量が1L増え、ダミーシュラウドがついた
○シフトペダルがシーソータイプに
△サイドのグラブバー消滅
△リアキャリアにグラブバーが付き、メッキに
△リアタイヤサイズが変わった(Gは前後同サイズ)
あと、11年モデルからキャブが負圧式になり、キャブヒーターが付いたとのこと(伝聞)

この日、内金を入れて車体を確保した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

YBRの魅力 低コストだけじゃないけれどお金は大事だ

今の新車には何故かときめかない。
おっさんだから懐古主義ってのも勿論だろうけど、
V-MAXがフルパワーじゃなくなった頃からか?
年式を追う毎に、新たな規制で年々パワーダウンしていく二輪車に自分の老い行く姿が重なったのか。
表現しがたい複雑な感情であったことは確かだ。
まぁ、V-maxには乗ってないんだけど。

中古で車体を漁っていた俺にとっては、まずは2スト。
スタートダッシュでもたつく車体はちょっと考えられなかった。
でも、今は白煙まき散らしながら走り回る時代じゃないらしい。
加速騒音規制ってのが、マジェ125の国内正規販売に至らなかった理由とも聞いた。
今、国内で走っている125ccクラスの車体は
能力をスポイルされた非力なバイク、とみるか。
環境性能を身につけた現代にマッチしたバイクの誕生、と見るか。

最初は前者の観点だったので、程度の良い2スト125CCを探していた。
でも、無い。
車検制度が適応されないクラスの車体は、乗り潰される物がほとんどの様だし、
俺もそうしてきた。

エイプとかDトラッカーとかは正直高いし、無理すれば手が出るけど、俺にとってそこまでして欲しい物ではない。
そんな中で見つけたYBRは、10馬力弱の4スト単気筒。
車体の大きさもそれなりで、プチツーリングは十分可能。
そしてなにより、安い。
自分の資金力で新車が入手可能であること。これは有り難い。
バイクを所有できる、ということ。
バイクで楽しめる日々を再び手に入れられる、ということ。
まさにプライスレス(本人にとっては)。

2スト車をきっちり維持運用されている方も未だ多いのは知ってはいても、
自分にそこまで整備スキルや部品調達の資金力があるか?というと・・・
整備するために所有してるみたいになるのが目に見えてるので、
ここは新しい車体を選ぶべき、と自分に言い聞かせてTDR125やAR80も諦めた。
中華とはいえ日本メーカーの名前を冠した車体だし(コピーじゃなく)、YBRはまさにツボ。

ネットで見つけて気になったYBR125Gは、車体が189,000円。
Images

販売証明発行 2,100円
自賠責5年  15,600円
納車整備費  18,900円
合計     225,600円
バイク車体の検索で引っかかって、関東で在庫のある店に電話して
近日中に車体を見に行く約束する。
電話で聞くと、11年モデルでキャブは負圧式とのこと。
見に行くまでに仕様については調べておかないとな。

そんな折り、プレストが正式に扱う125KのFI仕様車がYSPの販売チャンネルに乗ると聞いたけど、
車体で25万。なら乗り出しは30万か。
この5万の差は大きい。
キャブ車は始動がいまいちで暖気が必須とのこと。
更に、安心の保証と部品供給がつく ん だけど・・・。
最寄りのYSPはYBRに余り力入れて無くて、どうもピンと来なかった。
お店との相性が悪かったんだなぁ。


外観が気に入ったGで決まりだな。
色は、赤が良いけど・・・
shopの在庫は黒と青しかないとのこと。
現車見て決めようか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2011年10月 »