トップページ | YBR125KG 車体確保 »

2011年9月 3日 (土)

YBRの魅力 低コストだけじゃないけれどお金は大事だ

今の新車には何故かときめかない。
おっさんだから懐古主義ってのも勿論だろうけど、
V-MAXがフルパワーじゃなくなった頃からか?
年式を追う毎に、新たな規制で年々パワーダウンしていく二輪車に自分の老い行く姿が重なったのか。
表現しがたい複雑な感情であったことは確かだ。
まぁ、V-maxには乗ってないんだけど。

中古で車体を漁っていた俺にとっては、まずは2スト。
スタートダッシュでもたつく車体はちょっと考えられなかった。
でも、今は白煙まき散らしながら走り回る時代じゃないらしい。
加速騒音規制ってのが、マジェ125の国内正規販売に至らなかった理由とも聞いた。
今、国内で走っている125ccクラスの車体は
能力をスポイルされた非力なバイク、とみるか。
環境性能を身につけた現代にマッチしたバイクの誕生、と見るか。

最初は前者の観点だったので、程度の良い2スト125CCを探していた。
でも、無い。
車検制度が適応されないクラスの車体は、乗り潰される物がほとんどの様だし、
俺もそうしてきた。

エイプとかDトラッカーとかは正直高いし、無理すれば手が出るけど、俺にとってそこまでして欲しい物ではない。
そんな中で見つけたYBRは、10馬力弱の4スト単気筒。
車体の大きさもそれなりで、プチツーリングは十分可能。
そしてなにより、安い。
自分の資金力で新車が入手可能であること。これは有り難い。
バイクを所有できる、ということ。
バイクで楽しめる日々を再び手に入れられる、ということ。
まさにプライスレス(本人にとっては)。

2スト車をきっちり維持運用されている方も未だ多いのは知ってはいても、
自分にそこまで整備スキルや部品調達の資金力があるか?というと・・・
整備するために所有してるみたいになるのが目に見えてるので、
ここは新しい車体を選ぶべき、と自分に言い聞かせてTDR125やAR80も諦めた。
中華とはいえ日本メーカーの名前を冠した車体だし(コピーじゃなく)、YBRはまさにツボ。

ネットで見つけて気になったYBR125Gは、車体が189,000円。
Images

販売証明発行 2,100円
自賠責5年  15,600円
納車整備費  18,900円
合計     225,600円
バイク車体の検索で引っかかって、関東で在庫のある店に電話して
近日中に車体を見に行く約束する。
電話で聞くと、11年モデルでキャブは負圧式とのこと。
見に行くまでに仕様については調べておかないとな。

そんな折り、プレストが正式に扱う125KのFI仕様車がYSPの販売チャンネルに乗ると聞いたけど、
車体で25万。なら乗り出しは30万か。
この5万の差は大きい。
キャブ車は始動がいまいちで暖気が必須とのこと。
更に、安心の保証と部品供給がつく ん だけど・・・。
最寄りのYSPはYBRに余り力入れて無くて、どうもピンと来なかった。
お店との相性が悪かったんだなぁ。


外観が気に入ったGで決まりだな。
色は、赤が良いけど・・・
shopの在庫は黒と青しかないとのこと。
現車見て決めようか。


|

トップページ | YBR125KG 車体確保 »

覚え書き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1570219/41570003

この記事へのトラックバック一覧です: YBRの魅力 低コストだけじゃないけれどお金は大事だ:

トップページ | YBR125KG 車体確保 »