« ライディングブーツについて | トップページ | 慣らし運転第5回 その1 »

2011年10月 1日 (土)

エンジンガード 交換

エンジンガードが歪んでいる事を購入店へ連絡したら、
対応してくれる、との事で、金曜に新しいガードが届いた。

早朝、犬の散歩を終えた後、サクッと交換作業。
新しい物はエキパイとのクリアランスが普通に取れる。
やはり前のエンジンガードの形状に問題があった様子。
作業も手慣れて直ぐに済んだ。

まぁこの作業に手慣れた所で、今後交換することは無いと思う。

【10/2追記】
さて、もしかしてYBRにエンジンガードを付ける事を検討してこのページを見た、
という方のために役に立てるかどうか、個人的な感想ですが・・・。
エンジンガードにはメッキ品と塗装品の2種類があるが、私黒色塗装品を購入。
最初に新品で届いた物は、袋の中でかなり動いたのか長期で在庫されていたのか
取り付け時の前面側が擦れ傷でツヤがなく、中央部に2mm×5mmの塗装欠損があった。

3個目のエンジンガードは袋から出した時に、塗料のにおいがした。
焼き付け塗装であれば、塗料のにおいなんてあまりないと思うんだけど。

どうやら、ヨーロッパヤマハ純正オプションの扱いだけど、エンジンガードの塗装はさほど強くない様子。
なので、
塗装表面の事を気にするような方は、メッキ品を選ばれた方がよいかと。

私は、エキパイやフレームが黒なので、黒の方が目立たないだろう、とこちらをチョイスして
それはもちろん満足なんだけど。

取り付けは、14mmメガネレンチと14mmソケットレンチで上側ボルトを
12mmメガネと12mmソケットで下側ボルトを外すけど、
ガードが付くとラチェットで古すペースが厳しいので、T字が有れば便利。
下側ボルトはエンジンガードに付属の6角穴付きボルトに交換で、8mmの六角レンチが必要。
地面に段ボールや毛布を敷いておけば、エンジンガードを不要に傷つけることなく作業できるのでお勧めです。

|

« ライディングブーツについて | トップページ | 慣らし運転第5回 その1 »

整備・作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1570219/42171643

この記事へのトラックバック一覧です: エンジンガード 交換:

« ライディングブーツについて | トップページ | 慣らし運転第5回 その1 »