« 2012年になりましたが | トップページ | 少し乗らなきゃ »

2012年1月12日 (木)

バッテリ上がりやすい個体の存在

今回はすべて伝聞。だから確証もないけど、
某掲示板で交わされてた謎の線が興味深い。

YBRにはバッテリーが上がりやすい個体がある、というのがそもそもの発端みたいだ。
どうやら、レギュレーター(レギュレートレクチ)からの線が1本、
個体によりつなぎ先が異なり、
ウインカーリレー茶色線に割り込んでいる個体は大丈夫、で
赤線に割り込ませているのはバッテリ上がりの早い個体らしい。

残念ながらレギュレータは燃料タンクをはずさないとたどり着けない場所にあるんで、
即座に自分の車体では目視できないんだけど、
レギュレータからは赤、黒、白、白ともう一本の線があり、
このもう一本が、個体によって茶色だったり黄/白だったりするらしい。
白2本はジェネレータへ、黒はボディアース。
赤色はハーネス上ではバッテリーからヒューズを介してキーswへ行く"常時電気がきてる"線。
茶色はハーネス上ではキーswから各電装へ行く”キーswonで導通"線。
配線図で確認すると、レギュレータのカプラで赤と黒の間にある”もう一本”は
茶色に接続しているし、図面通りの配線なら特に問題はないけれど、
掲示板に提供された画像を見ると、
ウィンカーリレー線のカプラ金具に元々共締めされている茶色線の個体、
ウィンカーリレー線のカプラ手前で割り込み接続してある黄/白線の個体、
それに(肝心の&残念ながら見つけられなかった)その他の個体とあり、
この三番目の個体がだめな様子。

掲示板の会話と、加工が施されている周囲(バッテリ周り)から推測すると
レギュレーターから茶色(キー連動導通線)につなぐべき黄/白線を加工ミスで、
赤線(バッテリーからの供給線)に繋いだことで起きている。
→バッテリが上がったら、サイドカバーあけて、黄/白線が赤線に割り込ませてあれば繋ぎ先を茶色線へ変える、って事か。
サイドカバーを開けてバッテリ周りのコネクターを確認してみましょうか。

|

« 2012年になりましたが | トップページ | 少し乗らなきゃ »

覚え書き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1570219/43728447

この記事へのトラックバック一覧です: バッテリ上がりやすい個体の存在:

« 2012年になりましたが | トップページ | 少し乗らなきゃ »