« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

ストレス溜まる

折角荷物が届いているのに
天気が悪かったり、用事があったりと
取り付け作業ができない。

今日はバイクカバーに雪が積もった。

洗車もしたいのに


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

キャリパーへパット装着

ピストンのパット当たり面に、シリコングリスをごく薄く塗布してから、
パットとブラケットを組んでいく。
Dsc08131


ピンクリップを付ける際に、飛ばさなように注意するくらいか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブレーキパッド

前回、予備部品として購入したブレーキパット
taobaoの商品画像の説明には欧Ⅱとあったもの。
Dsc08142
4S5-W0045-00 上海ヤマハのラベルがついている、が
届いた時点で袋はカッターで切ったようにスパッと裂けており、、中身が出ていた。


今回届いた2ポットキャリパーに付属のパットと比較。
面取りしてある方が、キャリパー付属品
Dsc08133_2
パット素材色は違うが形は同じ。使えそうだ。
パットの消耗は気にせず、存分にフロントブレーキを使っていこう。

金属プレート部の刻印は、
上海ヤマハの物がAK V2518
重慶ヤマハの物がAK V2528

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2potキャリパーのピストンサイズ

取り付けた後では出来ないので、
ピストンサイズを測定してみる。

Dsc08124
パットピンを抜くために、クリップを2本外す。

Dsc08125
ピンを抜くと、パットの片側がフリーとなる。


Dsc08126
手前のパットは、2点留の一方がフリーとなったことで、下に落ちてくる。
奥側のパットは、キャリパーサポートブラケットにすっぽり入っているので落ちてこない。


Dsc08127
サポートブラケットをキャリパーから引き抜く。

Dsc08128
ノギスでピストンを測定

Dsc08130
25.25mmとして、
円の面積は半径×半径×3.14だからピストン一個約5cm3
2ピストンだから約10cm3
ノーマルとの比較用覚書って事で。
10cm3から割り戻す。
シングルピストンで直径が35.7mmあると、2POTと押す面積は同等ってことかな。

でも、
パッドは共通なはず、だからあまり差は無い気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

不審なグローブ

taobaoで買ったグローブ。
XLを頼んだが代行店にLが届いたらしく、
XLと交換してから発送された。

という出来事があったのを前提で

↓届いたグローブ
Dsc08099


Dsc08101
表示シールの不自然なこすり後


Dsc08102
手袋内側のサイズ表示があったと思われる部分は、切り取られている。


着装したら、うーん、やっぱりLなんじゃないか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

12B-F580U-01

遂に届いたキャリパー 重慶yamahaの部品ラベル。
Dsc08093

12B-F580U-01 
Dsc08094

ホースボルトをつなぐ穴には樹脂栓がつけてある。
Dsc08103

ブレーキパットの間には、樹脂板が噛ましてある
Dsc08096

各所にチェック跡が残っていたりと、なかなかきちんと品質管理されている様子が見て取れる。

taobaoの商品画像"12B-F580U-00"と見比べたが、外観からは違いが分からなかった。
もしかしたら、キャリパーサポートブラケットは共通なのかもしれない。
なぞは深まるばかりで一向に解決する気配はないけど、まぁいいや。
当面気にするべきは、こいつが11年式YBR125KGに付くかどうか、だけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TAOBAO品到着

TAOBAO代行業者から荷物が届いた。

前回はディスクローターとリアサスが結構な重量だったが、
今回はリアキャリアとブレーキキャリパーが結構な重量だった。
これにクラッチやクランクカバーガスケットやステップゴム、三叉ベアリング、
エアクリーナなんかの予備部品を購入して
結局商品代金約15,000円+送料約5000円のトータル2万。

今回、クラッチ交換してみる予定だが、この作業は人生初挑戦。
オイル抜いてカバーあけてロックワッシャーはずして取り付けて戻す。
若干不安は残るが、製造後1年未満の車体だし、ガスケットの貼り付きもないだろうから
割とすんなりばらせるんじゃないか、と楽観的に考えてみる。
それでも一応、作業失敗を想定して予備分も買い込んだから、支払総額が上がってしまった。
何より、商品代金の半分を占める天剣王のブレーキキャリパーが高かった。
せこい話だが、送料を商品へ割り戻してみると、キャリパーは1万円くらいか?
国内調達で17,000円程度なので、まぁ割安に入手したといえるか。
Photo
↑YBR250のキャリパー、"-00"も"-01"も同一価格で入手可能な様子。

Ybr125kyaripa
↑現行YBR125のフロントキャリパー"-01"と、その前の型番"-00"の在庫状況。
ん?前回調べたときは1potも2potも同じ値段だったような記憶があるが。
2potのほうが若干値上がりしてるか?

全く持って推測でしかないんだけどこの"-00"は、07年までの金色キャリパーのことではなかろうか?
在庫検索でYBR125は検索候補リストに出てこないし、どちらも国内入手不可みたいだ。
そりゃー、国内生産していないバイクの部品調達まで面倒見てくれ、
なんて虫のいいことは考えてはいないけど。
徹底しているなぁ。

買った後であれこれ考えても仕方がない、んだけど、キャリパーについて頭の中を整理する意味で。
<分かっていること>
・TAOBAOで売られていたYBR250用キャリパーは12B-F580U-00
・11年モデルのYBR250に使われているのは12B-F580U-01
・これのサポートブラケットはYBR125KGのキャリパ3D9-F580U-01と共通部品4S5-F5921-00
・手持ちのシグナスキャリパと07年YBR250のパーツリストのキャリパが激似。
<分からないこと>
・3D9-F580U-01の末尾違い3D9-F580U-0012B-F580U-00のサポートブラケット型番
<分からなくなったこと>
・4S5-F5921-00 のブラケットはXC125用、つまりシグナス用らしい、と以前に書いた根拠が見つからない。


非力なYBR、ビックローター化&2POT化に意味があるのか?
ノーマルよりバネ下重くなるだけなんじゃね?
との想いは確かにあるが、
年甲斐もなくいじってみたかったんだ
重要保安部品であることを肝に銘じ、
せめて最低限、事故って人に迷惑かけない様、
しっかり整備して動作確認してから乗り出す、と誓う。


気がつけば中国からの買い物は累計で4万ほど。
車載ナビ買えるくらい使っちゃってるし。
しばらくは買い物自制しないと、いじるばっかりで乗れなくなっちゃう。
そもそもは、メンテはショップに任せて近隣ツーリングを楽しむつもりで車体買ってるのに。
原付2種に対応したナビがでてくれるとありがたいんだけどな。


注意力が落ちる花粉症の季節前に作業できればよかったけど、ちょっと間に合わなかったな。
作業は3月10日頃か?
ブレーキフルードぶちまけたり、なんだかやらかしそうな気配ではある。
それまでに計ったり撮したりっしておかないと。
それより、いじって部品を壊さん様に気をつけないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

YBR250 キャリパーについて

webで調べてみたところ
07年のヨーロッパモデルらしい、YBR250のキャリパ
07_ybr2505d11
と、
11年式YBR250のキャリパ
11ybr25041s2

は構成部品がかなり違う。
特に、
パッドピンが07年式は6角穴付きボルト2本
(これは、練習用に入手したシグナスと同じ造り)なのに対し、
11年式は1本にクリップ2個で止めるタイプ。

というか、
07年式のキャリパーは、シグナスと共通か?
図とキャリパ清掃練習用に入手した手元のシグナスキャリパ、よく似ている。

ちなみに
メキシコの06年モデルYBR125EDってやつは
スポークホイールにフロントディスクブレーキ
06_mexico125ed
これもシグナスのとよく似ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

揃った純正部品

Dsc08066

クラッチ交換用に
ロックワッシャーと、TZR用クラッチスプリング。

キャリパー交換用に
ボルトとワッシャー。

失敗を見越して、多めに買っておいたから作業当日にあわてることはない、はず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブレーキフルード抜き

2年前、古い原付のタンクをコートした際のコート剤抜き用に買った注射器を使って、
ブレーキフルード抜きを作ってみた。

Dsc08064
カップに注いだ水道水でテストしたら、問題なく機能したんで多分大丈夫ではないかと。
なめたけ1号と命名。なめたけ瓶が材料だから。

必要なものは、ホースとシリンジ、ボトル
ボトルは出来ればガラス製で重みがあり、キャップは樹脂製で厚みがあるのがいいんだけど、
100均には都合のよいのがなかった。
食卓のなめたけ瓶がちょうどよい重さだったが蓋は薄い金属板で厚み不足だったんで
蓋に大穴を開けて間にアクリル板を挟む形にする。

キャリパーのフルード抜きに手持ちのホースを合わせたら、外径7mmのものがちょうどよかった。
シリンジとも7mmでとり付け可能だったんで好都合。

廃材のアクリル板をφ42に切り出して、φ6で穴を二つあけ、先端を斜めに切ったホースを差し込む。
シリンジの内側から針穴をビニールテープで塞ぎ、
針穴横にφ1で穴を開け、外側をビニールテープで塞ぐ。

これで完成。
手持ちの材料があれば自作も良いかもしれない。

もちろんシャンプーポンプを使っても良いし、
バイク用品店でシリンジとホースのセットが700円程度で売られている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

タオバオその他

タオバオ代行業者から送料の連絡があり、送金する。
約5800円。前回サス購入時は重量や大きさの問題で結構な金額だった。
今回はそれより安いとはいえ、部品代と併せて20,000円強。
一番高かったのは12B-F580U-01YBR250用2ポットキャリパー。
果たして取り付け可能なのか?
そもそもきちんと12B-F580U-01が届くのか?
平然と12B-F580U-00が送りつけられたら泣けるなぁ。


ブレーキフルードやブレーキクリーナーなんかも手配したし
純正部品も届いた


準備は済んだ。
あとの問題は作業日の天気だな
どうせなら乾燥してる時がいいよね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

純正部品の発注

土曜は朝一で作業したいよね、バイクいじるなら。
でも、部品をショップに発注すると、平日に取りに行けないから、
結局土曜の午前中は作業できない。

こりゃいかん、なんとかせねば。

で、yamahaのwebで取扱店を調べてみたら
勤務先から駅までの道すがらにあるこじぢんまりとしたバイクショップがヒットした。

昨日調べた250キャリパー用のボルトとワッシャーの早速部品番号を紙に書いて行ってみると、
いとも簡単に発注してくれた。
PCとネットワーク接続とショップアカウントさえあれば、部品は取り寄せられるようだ。
昼に頼めば、翌日夕方には入ってくるらしい。
電話での口頭指示でも、faxでの発注でもなく、直接入力で即時発注できる。便利な世の中だ。

そういえば、以前世話になった用品店は、1回の取り寄せにつき100円だったがやはり
PCでの発注でhondaから部品を取り寄せてくれていた。
残念ながらHONDAはショップアカウントがないと在庫検索すらできない。

その点YAMAHAは、個人のPCでも在庫の検索までは可能で割とありがたい。
特に古い車体は、部品の有無だけでも確認できると手間が省けてとても助かる。

本当は、車体購入店で部品も発注したい。
PCで顧客管理しているみたいだから、購入履歴や整備履歴が残るから。
一方で部品が前金制なので、発注と支払い、届いた部品の引き取り、の
2回訪問が必要になってしまう。これが手間だ。遠いから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

Fブレーキの考察

人柱へ向けての準備というか。

YBR125KGと、YBR250のパーツカタログを見比べる日々。
どちらも重慶YAMAHAからDL可能。

今回気づいたことは

Mastercylind


マスターシリンダー
共通じゃない。むしろKGの方が型番は新しい。

ユニオンボルト
共通じゃない。250のキャリパには250用のボルトが良いのか?
リザーバタンクとホース、ホースとキャリパーをつなぐボルト。
作動油が流れるため、中空。

ワッシャー
共通。ならユニオンボルトの径は同じで長さ違いか?
締め付けることでつぶれて密着し、作動油漏れを防ぐパッキン。
アルミや銅製のワッシャーであることが多い。

マスタシリンダアセンブリ
マスタシリンダが別番なので当然共通じゃない。
だけど、構成部は共用品もある。
ダイヤフラムリザーバーやリザーバーキャップは共用。
YBR250の方は、ダイヤフラムリザーバーの下に(YBR125には無い)プレートがあるが、
2005年のYBR125サービスマニュアルには、このプレートが記載されている。
2005年のブラジル版YBR125パーツカタログには記載がない。
リザーバーは単体での部品設定がないらしく、その違いは(型番すらも)不明。

リザーバーの容量と、マスタシリンダの容量が違うのか、同じなのか。
どうにもこの点がはっきりしない。

250の2POTキャリパーを取り付けるのなら、リザーバー側はホースを外さないとしても、
ワッシャー2枚とユニオンボルト1本は注文しておいた方が良さそうだ。


そして、この表はYAMAHAのパーツ在庫検索を使ったんだけど、
YBR125用のマスター類は、どうやら国内調達不可だということ。
検索結果在庫なし、って。
プレスト仕入れのFI仕様車のFブレーキのメンテ用パーツは
応相談で別に確保しているのか、品番変えているのか?

並行輸入だから仕方がないとはいえ、徹底しているなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

気分転換にチョイノリ

朝からちょっと厭な事があり。

午後になり、天気も良いので気分転換にちょっと乗ってきた。

寒い中でも、バイクに乗るのは楽しいね。

YBR用に、ヤマハの純正部品を取り寄せしたくて車体購入店へいくつもりだったが、
チョイノリのつもりで着込みが少なく寒かったんで、近場のYショップで取り寄せ。
TZRのクラッチスプリングと、ロックワッシャーだからたいした金額じゃないけど。

結局20kmくらいは走ったか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

ザ・ヒトバシラー

ほろ酔い気分でついついポチってしまったtaobao。
見積もりが届いていたので同じくほろ酔い気分で送金手続きしてしまった。
こーやって無駄な出費を重ねると、大きいバイクの購入資金はいつまでたっても貯まらないわけだが。

教えてもらって気になって仕方がないクラッチ容量upと、2ポットキャリパー。
思い悩むよりも寒いうちに白黒つけて、陽気がよくなったら走ることに専念したいし。

本当なら、ブーツやライディングパンツに使う予定だった予算も含め、
(ブーツは結局コレッっていう納得できるものが見つからず、今だ暫定の安全靴のまま。
そもそもYBRのかかとシフトならつま先での操作感とは関係がないので、
エンジニアブーツや安全靴での騎乗も無問題な気がしてきた)

業者への振り込みは三井住友の口座が便利なんだけど、
one'sダイレクトでオークションの取引をしていた頃からずいぶんと経ち、
数年は利用していないから残高もいくらなのか不明だし。

これを機会に一度きれいにしてみようか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

せっかくチェーンメンテしたんだし、ちょっと走る

先週日曜だか、一応エンジン始動と暖気をしたが、走っていないYBR。
http://ybr125kg.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-a9a9.html

なので、今日はチェーンのメンテもしたことだし、と少し走ってみた。

コックをONにしてキャブに燃料が届くまでしばし待ち、チョークを引いてキックで始動。
キック3発ですんなりかかるが、前回同様マフラー穴から水が飛び散る。

120205_13320002
この穴。マフラー下に畳んだセンタースタンドが見える。
ここから水が激しく噴射されている。

120205_13320003
地面の様子。水の噴射が治まるまでしっかり暖気運転してから出発。
20kmくらい走って帰宅。
上半身は割と平気だったけど、下半身の防寒が不十分だったのと、顎から首にかけてが無防備だった。

リアサスは少し柔らかいか?
調整工具はどこにしまい込んだか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NAPSへ行ってみた

存在を知ってしまうと気になって仕方がないヘルメット、zj-3。


現物の展示品を求めてナップスへ行ってみた。
120205_09530001

家族の用事の予定に組み込んだので、残念ながら車で移動。
日曜の朝なので、道もすいていて余裕で到着。


2階のヘルメット売り場へ直行し、早速発見。
即試着する。店内なので画像はないが。

かぶり心地は格段に良い。
やはりzj-2は小さいんだよな。これがいわゆるフリーサイズ相当じゃね?
こんな短期間で2個もヘルメット買うのは無駄な出費だ、と思いながらも
買う気は満々だった。
鏡を見るまでは。

アウターシェルもがっつり大きいぞ、これ。

zj-2でもでかいなと思ったのに。


うーん、しばし冷却期間だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

春を待つ季節~チェーンの手入れ 注油

しばし放置でチェーン洗浄剤が乾燥したと判断したら、注油作業へ移行。
Dsc08038
ローラーとプレートの間に油が回るように考えて噴射。

念のため、上下両方に吹きつけた。
Dsc08039
余分な油は拭きとる。

仕上がり
Dsc08040
このまま一晩寝かせて油の定着を待つ。

今回の失敗
Fスプロケカバーもチェーンカバー同様+ネジ2本でとまっていたが、
シフトペダルうぃつけたままでは取り外せなかった。
結局、付けたままで作業した。
Dsc08041
結果、洗浄液がFスプロケカバー内に溜まり、センタースタンド沿いに流れ出た。
次回はここの養生も必要。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春を待つ季節~チェーンの手入れ 洗浄

この辺りでも雪が降ったり氷点下だったりと寒い日が続くが
放っておいても事態は改善しないのでチェーンのメンテに取り掛かる。
といっても、YBRのチェーンはノンシール。
整備としては初歩の内。
そんなに構えることはない・・・ハズ。
なんせチェーン触るのも15年ぶりくらいだし。
webで事前に情報収集すると、どうやらみなさん300kmとか500kmで注油されている様子。
これからはもっとマメに注油するよう心掛けないといけない、と自戒。
2034kmでのチェーン注油作業となった。

で、作業に入る。
Dsc08023
まずチェーンカバーを外す。
前後2本の+ネジを外し、チェーンカバーを後方へ引き抜く。
ちょっと抜きにくい。

タイヤや周囲を汚さない様、養生する。
今回はまず段ボールを間に立ててみた。
Dsc08024
チェーンクリーナーを吹きかける。

チェーンのサイドが白いので、すっかり油断してしまっていた。ブラシでこすると
Dsc08025
黒い汚れとなって流れ落ちる。
ローラー内部の汚れも洗い流すイメージでブラシでこすってすすぎ、を進めていく。


ブラシでこすると洗浄飛沫で周囲が汚れる。
養生段ボールを追加。さらに垂れ流れしみこまない分の液の為新聞を敷く。
Dsc08031
新聞の吸収速度は速くない。作業場所がフラットでない場合は流れ出ないよう端を折り返す。

洗浄終了。
Dsc08032
チェーンも金属地肌が出て綺麗になった(と思いたい)


仕上げに余分な洗浄液を拭きとる
Dsc08033
軍手やタオルがチェーンやリアスプロケに引っ掛かると指を切断する羽目になるので十分注意が必要。
拭きとりが一周したら、乾燥のためしばし外気にあてておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

zj-3とzj-2の違い

どうやらメット外殻自体の大きさが違うらしい
交換バイザーは共通なのか?
実際の被った感じは大きくなっているのか
非常に気になる

店頭取り扱いがあれば試着できるんだが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

ぐぬぬ

ダブルバイザーのジェットヘルをさんざん探して、選んだzj-2
ちょっと小さいな、と感じながらも他のダブルバイザーのより開閉が気に入っていたんで
愛用していたんだけど。
http://www.speedpit.com/spitheljet.html
買って3ヶ月で大きいサイズが出てくるとはね。
かなりショックだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »