« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

部品の手配

気になったスイングアームピボットシャフトのシム、
バイクや経由でヤマハへ発注してもらったけど、やはりダメだった。
在庫はあるが並行輸入車には供給してくれない、と。

ま、仕方ないか。

この分だとオイルシール類もダメっぽいな。
タオバオで揃えるか・・・。

あと、ボート用品のウォータープルーフグリースの
調達先がいまいち見つからない。

マリンジェットやヨットの部品屋さんにあるんだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月30日 (水)

パーツカタログを見ていて、リアスイングアームの部品構成で気がついた。

YBR125EDのサービスマニュアルと、一部構成部品が違うようだ。
それは想定内だったが、
KGのパーツカタログのリアアームで確認したら、アームの左右で構成部品が非対称だった。
構成部品番号6のSHIM(5VL-F2127-00)ってのがアーム左のスラストカバー内に入るようなんだけど、
作業時に見覚えがない。
落としたか他の部品に張り付いていたか?

更に、グリスアップのブッシュは構成番号2だが、
俺がグリスアップしたのは構成番号3。
どう違うか、と言えば
部品構成は軸中心から
ピボットシャフト-ブッシュ3ーブッシュ2-リアアーム となっていて、
現状では<ブッシュ2-リアアーム>間がグリスアップされていない状態。

分解時にピボットシャフトがカサカサ油分なしだったことを考えると、
アーム内径とブッシュの間で錆発生し固着することも予想されるの。
気がついてしまった以上は、再度分解が必要だわな。

思いつきでやったんで確認が不十分だったな。

webで色々調べると、ピポット部分には耐水性の高いグリスを、とウレアグリスや
船舶やマリンジェットに使われるグリスが流用されることもあるようで。


○MAXIMA MXO903 マキシマのウォータープルーフグリース 
山梨の会社の青いグリスの評判がいいようだ。
耐熱・耐水・耐海水性に優れたリチウムグリスで、船舶なんかに使われるグリスらしい。
1450円/454g(\3.2/g)

○YAMAHAグリースA ヤマハのマリンスポーツ用
ウレア系増ちょう剤を使用した万能グリースで、耐熱性向上、耐久性及び防錆性(水分離性)が優れているらしい。
420円/50g、1239円/250g(\4.9/g)

で、俺が作業で使ったグリスは、買った記憶でウレア系だと思い込んでいたが
購入履歴調べたらワコーズのルブコールグリースEP 2号だった。
これは、耐水○、極圧◎だが、リチウムグリスだ。勘違いだな。
必要にして十分、と言えなくもないが。

うーん。気になるなら買っちゃうか青いグリス?
でも、無駄にお金を使いすぎだしな・・・

うーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

今後のやること

今後やっておかないといけないこと等まとめて記載
順不同。優先順位は都度決めよう。


○ヘルメットホルダー
外しているチョイノリ用ホルダーの取り付け。長めのビスは買ってきているんだけど・・・。
ドコイッタ

○車体各所のサビ処理
por-15はあるが、まずはサビを削ってのリペア塗装で十分か?

○リムライン貼り直
適当作業のせいで剥がれてきている、のは想定内。
中性洗剤といた水を使っての貼り直作業にトライする?
替えのリムステッカーは有る。

○エンジンオイル交換
調べてみたら最初のオイル交換は600km弱でトライしていた。
なら、2,500km超えた今、変えてもいいかな?
ついでにクラッチも交換しちゃう?
ドレンパッキン以外は揃っているはず。

○リアボックス取り付け
やっぱり収納があったほうが便利だから・・・
じゃあ、タンクバックの立場は?

○12V電源取り出し
リアボックスに引き込む分と、ハンドル周りに増設する分
中間スイッチ欲しいね

○PSP取り付け方法
どこにどうやって付けるか・・・

○ハンドル位置調整
サービスマニュアルによると、右のハンドルバーホルダーとハンドルで合わせ位置があるらしい。
ホルダーネジリア側を緩め、ハンドルの高さを調整してみようか。
お金かからないし、すぐに戻せるし。

まだまだやること多いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

観音崎までちょっと走る

前日のメンテの続き

チェーンへチェーングリスをスプレーし、定着のために一晩寝かせた。
チェーン側面のグリスを拭い取り、リアタイヤを手でゆっくり回してチェーンを送りながら観察。

どうやら、チェーンの嵌合部(?)にグリスが入り込みにくい様子。
グリスじゃなくて、エンジンオイル垂らしたほうがいいか?
それだとオイルが飛び散って悲惨な状態になりそうだ。

今のチェーンが伸びたら、次はシールチェーンにしてみようかな。

何周も回して錆色が出たコマの隙間には再度スプレーし、更にウェスで塗りこむようにしてグリスを押し込む。
一応の注油作業は完了したので、試走。

近所の図書館へ本を返しに行く。
スイングアームの動きも滑らかで、チェーンも軽快に動くから載っていて気持ちがいい。
気がする。
プラセボ効果って奴だね。
だがそれでいい。

動作に不備もないし、天気も良い。
ので、ちょっと走ってみる。
ただ、山側はにわか雨の恐れ、との天気予報らしいので、海側へ行ってみよう。
と思ったら「一緒に行きたい」との声が上がったので、急遽タンデムで海側へ向かう。
が、既に10時。江ノ島周囲は混雑しているだろうから、
久々の観音崎を目指してみた。

さすが好天。道すがらたくさんバイクを見かける。
これくらいの距離は集中力も切れないし、道もわかりやすいし、
YBRで走るにはちょうどいいかもね。

目的地付近で昼食を調達。
犬は入れないのでYBRの警備に。
Rimg0037_r2


観音崎では駐車場に停める。120円の有料。
展望公園にはいつの間にか木製の砲塔が設置されていた。
ここも昔の台場だしね。

江の島方面ほどではないにしろ、上空では鳶が旋回中。
気を付けないとね。

食べ終わったら来た道を戻る。
無事故で無事帰宅。

調子は悪くないと思うけど、そろそろオイル交換かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

ドラムブレーキ内部清掃とチェーン清掃

リアホイールを戻す前に、ドラム内部の状態を確認
Dsc09434
ホイール内側はピカピカ。だけど黒い粉がすごい。

Dsc09433
ブレーキシュー。ブレーキクリーナーで脱脂。

サービスマニュアルではリアアクスルシャフトはグリスアップしない場所になっている。
また、ブレーキシューの可動部にはリチウムグリス、オイルシール部には
YAMAHA GREASE F150Gとの指定がある。
調べると、これはヤマハグリースF(150g)の事で、150g入りの缶グリス。
機械式ブレーキ(ドラムブレーキ)用のグリスだけど、使う場所はシューのカムとかではなく、
ホイール内部のカラー両端のベアリングの外側に位置するオイルシールと、
スプロケット側のベアリングの外側オイルシール部に利用されている。
高温に強くて粘りがあるグリスらしい。
ただし、今回は手持ちにないので、シリコングリスをドラム側のオイルシールに薄づけした。
リアアクスルシャフトには薄くシリコングリスを錆防止目的でぬり、
ブレーキシュー可動部にははリチウムグリスをごく薄く塗っておいた。
これから走っていて機器が悪くなるようなら再度ばらして清掃、と。

このあと組み上げ、チェーンの貼りを調整。

Dsc09427
ブレーキトルクロッドのネジ胴部も錆び始めていたんで、ワイヤーブラシで錆び落としてからリチウムグリス補充。

で、この時点では割りピンがないのでホームセンターへ試運転がてら買い出しへ。

道の途中でリアブレーキを調整しつつ、異常がない事を確認しながら徐々に速度アップ。
60kmからの減速(ロックさせないよう)でも、停止時の気になっていた「グギュン」とか「ムギュゥ」という唸り音はしなくなった。


で、買った割りピンはSUS製。つか材質はこれしかなかった。
Dsc09439
頭がちょっと小さいので、もう少し大きいサイズでもよかったかもしれない。
島忠とケイヨーD2には、割りピンがなかった。

帰宅後割りピンを取り付け。
Dsc09440

また、帰宅途中でぐらついていた右ハンドルのエンドキャップ。
引っ張ったらあっさり取れた。
Dsc09441
噂には聞いていたが、樹脂製のものが4点接着されていただけだった。

Dsc09442
右が取れたのでもしやと思い左も確認。
握って捻るとあっさり外れた。内部ではサビも発生中。

最初のTAOBAO購入品で購入後放置していた物をを引っ張り出す。

Dsc09443
買ったあとで気づいた。
商品説明ページに”踏板”ってあったから、スクーター用なのか?
これでサイズ合ってるのか?
疑問は尽きないが手持ちにあるのはこれだけなので・・・。
アルミ部分は凸型で。凸の先端にゴムがついていて、ここが膨らんでハンドル内面をぐっと押すことで止まるようだけど。
アルミ凸部の先端がハンドルパイプ内にはいらない(アルミの方が2mmほど径が太い)
これで標準なのか?
エンドの交換も人生初なので、これでいいのかどうかがわからない。
何か違う気がしないでもないが・・・。まぁ暫定、って事で。
同じエンドキャップは予備も買ってあるし、アルミだからか好きに削ってしまってもいいかな・・・。

と、ここまで作業出来たら、後はチェーンの清掃。
前回購入したチェーンクリーナーでは足りなかったので、ブレーキクリーナ3本を追加投入。
油と一緒に錆びも落とし、エアーで乾燥させてホワイトチェーンオイルで仕上げる。

明日最終でぬぐい取って作業は完了
の予定

Dsc09444


累計走行距離2591km頃の出来ごと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイングアームのグリスアップ

納車当時から気になっていた、リアブレーキ時に発生する異音。
http://ybr125kg.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-2d8c.html

リアブレーキで停止の際に出る「んギュゥ」というような音。
ショップでもドラムの唸る音、と言われていたが、どうやら解決できたようだ。

土曜の朝、バイクカバーにこもった湿気を抜くため、カバーを外してみると
チェーンにサビ発見
Dsc09419

こりゃいかん。チェーンにグリスを、と思ったが今日は別な場所の確認を優先。
Dsc09428
サービスマニュアルではグリスアップポイントのスイングアームピポット(でいいのかな?)

どうも音はドラムブレーキでは無い気がして仕方がない。
後方、というより腹下で音発生な気もするし。
当初はリアサスが歪んでいるのか?と純正からTAOBAO購入品に交換してみたが、
音は変わらず発生する。
となると、やっぱリア周りが怪しい。ばらしてみるか・・・。
「スイングアーム グリスアップ」等で検索すると、他車種の事例も多数ヒットするし、
なんとかなるか?
スイングアームを外す作業は人生初だが、やってみないことには分からない。

センタースタンドを掛け、チェーンガードを外す。
リアを浮かしてリアアクスルシャフトを抜き、
リアブレーキアーム類を外してリアホイールを車体から外す。
と書くと簡単だが(実際作業は単純だが)リアアクスルナットは
2005年版YBR125EDのサービスマニュアルによると、91N。
車のホイールの締め付けトルクが100N(10kgf)だから、それに近い。つまりは硬い。
ラチェットが馬鹿にならない用、メガネレンチを使って緩める。
ナットを緩めたらゴムハンマーでナット側から叩き出すようにアクスルシャフトを少しずつ抜いていく。

ブレーキアームもドラムと切り離す。
この際、2か所に使われている割りピンの内1本は両脚が折れた。金属疲労だろ。
本来は新品交換すべきなので折れた事自体は仕方ないが、予備が手持ちに無い。
組み終わったら試運転がてらホームセンターへ行こう。
と、サクサク作業進めてしまったので画像はない。

ホイールを外したらリアサスを外す。
Dsc09432
フレームの右サス上側取り付け部・サスがつく場所に錆び。との溶接部分にもさび。溶接後の処理が良くなくて塗料が乗らなかった様子。これは次回の整備で車体の錆をまとめて処理しよう。

サスを外したらタンデムステップの付いたプレートの上側ボルトが、スイングアームのシャフトなので
緩めにかかるが、凄いトルクで締めてある。メガネレンチで何とか緩める。
スイングアーム両端にカラーがあり、タンデムステッププレートで挟みこんでいる構造なので、左側プレートの下側ネジを緩めてプレートをずらす。
知恵の輪的にチェーンを動かしスイングアームを取り外す。

Dsc09421


Dsc09424


Dsc09426


上画像:シャフト、中画像:外したスイングアームの一部とカラー外部、下画像:カラー内部 
どこを見ても油っ気が全くない。
これが、リアブレーキ使った停車時の異音の原因だったんではないかな?

ここへのグリスアップはにはモリブデングリスが良いらしい。
んが、モリブデングリスは耐水性がないのとオイルシールへのダメージがある事から
今回はリチウムグリスをチョイス。
スイングアーム側のカラー受け部内側溝、オイルシール溝、カラー内外面にもグリスをしっかり塗り込み、
最後にシャフトにもまんべんなく薄付けして組み付ける。

Dsc09430

組み付けた後。スイングアームのオイルシール部からはみ出たグリス。

グリス類ってメーカー出荷時には塗ってないのかな?
そうだとしたら、すごい数のYBRのスイングアームにグリスが塗られていないんじゃないか、と
若干不安になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

作業の予定

現在の懸念事項、というか部品は揃えたものの手をつけていないこと等。
多忙で忘れかねないので、ちょちょいと書き記しておく。

○ヘルメットホルダー
 サスとキャリアを交換したので外してしまったが無いと不便。

○クラッチ容量UP
 3枚クラッチから4枚クラッチへ交換するべく部品調達済み。あとは度胸と時間。
・クラッチassy
・カバーガスケット
・ドレンガスケット
・交換オイル


○12V電源取り出し
 PSPナビ給電やヘッドセットの充電にUSB付き防水シガーソケットは入手済み。
 当初予定でACC連動させるためにリレーも買ったが、ソケットをバッテリ補充電ターミナル
 として使うならリレーを使わずバッテリー直結に。 

○リアボックス
 キャリア交換時に純正キャリアにつけたまま。
 ボックス付属ステーとネジは加工してしまったので太キャリアでは使えないか?
 降車時にヘッドセット類の充電するなら、ソケットはリアボックス内に付けると盗難防止も。
・マグネットスイッチ式照明、も入手済みだけど取り付けしてないな。

メットホルダー以外はちょっと時間がかかりそうだ。
12V取り出しに関しては、走行中のPSPナビへの給電を大前提として考えると、
電源取り出しは車体前方が良いだろう。
また、PSPナビの取り付け位置を確定させないと、電源部も決められない、か?
現状でハンドルまわりには余裕がなく、PSPナビホルダをどこにどうやって固定するか?は
現物合わせで時間かけることになるか?

また、ハンドル周りに電源取り出すとなると、降車時のヘッドセットや携帯電話の充電には盗難の心配が。
リアボックス内にソケットつけたい気もするが、そもそも太キャリアにリアボックス付ける気はなかったんだが。
PSPの給電はリレー経由での出力にして、リアボックス内にはバッテリ直結ソケットにスイッチ付けるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図書館まで

カバーをかけていると湿気がこもり、タンク裏が錆びる
というのは都市伝説ではない、と思っているので、カバーを外して風を通すため
近所の図書館まで本を借りに行くのに、YBRで出動。

なんとなく、なんとなくなだけど
ハンドルをもう少し上にできたら、楽なポジションになるんではないだろうか?

これって、ワイヤーやホース類の長さが不足するのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

天気がいいのでちょっと乗ろうか

と準備をしていると、家の人も「退屈なので出かけたい」との事。
三崎までぶらっと走ってマグロでも物色する気だったが、
こうなると行先変更せざるを得ない。

すかなごっそでも行って葉山牛でも物色するか(まぁ買うのはコロッケですが)と水を向けても乗り気じゃない様子。
じゃあ、どこ行こう?
既に11時近いので、海側道路は観光客で混んでいそうなのは神奈川県民の宿命。
だけどYBRなら大丈夫だろう、と江ノ島方面へ。

この時間の一号線は渋滞しているだろうから、戸塚の不動坂や原宿を回避するために
鎌倉海道から環状4号に進み、ローソンを左折して小雀経由で1号線ファミマの小雀歩道橋東へ。
藤沢バイパスではなく県道30号へ進み、藤沢橋で左折して国道467号線に。
ここからは車がずっと連なっているので、引っ掛けないように自転車に注意しながら進んでいく。

134号との合流を右折すると、流石に江ノ島は大渋滞で橋の上の車も動いているのかいないんだか、な様子。
ま、今日は天気もいいので新江ノ島水族館を超えた先、片瀬西浜の駐輪場まで行く。
Rimg0368_r

道路向かいのユニオンで弁当を買って海側の芝生で昼食とした。

んだけど、
芝生は養生中で立ち入れない箇所があり、広々開放的にという訳にはいかなかった。
でも、犬は嬉しそうだ。
上空を旋回するトビに神経を払いつつ昼食を終え、犬の散歩に砂浜周囲を歩く。

目前では海の家の資材が積まれていてまさにこれから組み立てる様子。
その先では、なにやら若者たちがフリスビーを使った競技?らしきものに興じている。

ビーチアルティメット というらしい。
http://www.beachultimate.jp/

このあとの帰り道は、来た道をもどるのも何なので、
鎌倉方面へ抜け鶴ケ岡八幡前を右折して朝比奈切通を抜けて帰路についた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

初夏の訪れ 4

山北を出て清水橋を左折、246を横浜方面へ進んでいく。
14時頃というちょっと早めに上り方面の道を使っているからか、予想以上に道は流れている。
町田近辺のアンダーパスが混んでいる程度だった。
海軍道路?だかで横浜南部へ戻るつもりだったけど、
予定を変更して、工具ショップへ工具を買いに行く事にして、このまま246を進む。

ナビに登録してある場所は、ららぽーと横浜近隣だったが、
あいにくナビは充電切れ。
246走っていればららぽーと方面の看板くらいはあるだろう、とタカくくっていたんだけど
目指す降り口がわからず、気づけば荏田まで来てしまった。
駅前ロータリーでUターンし、バイクショップへ立ち寄る。
ショップに来るのは実に、4ヶ月ぶりか?
YBRに乗ってなかったしなぁ。

ショップで道を教えてもらい、ららぽーと近くの工具ショップストレートhttp://www.straight.co.jp/shop/index.html?shopno=10にて目当ての工具を購入。
買ったものがかさばって(その前のみかん1袋もかさばってる)ハンドルに袋でぶら下げようか、
とちょっと悩んだが、そういえばタンクバッグはジップで大きさ調整できるのを忘れていた。

ついでにもう一軒、スーパーチープツールズジャパンも覗いてみたが、
上野の店同様、まぁこんな感じだろう。
ソケット2個を購入し、自宅へ向かって出発。

18時前に無事帰宅。

新しいコンデジを持ち歩いたので、画像リサイズ方法が判明するまでしばらく文字だけ掲載。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏の訪れ 3

道の駅道志は物色したものの、特にめぼしい物が見つけられず。
道の駅を出て国道413号を左折、さらにどうしみちを進む。
山中の国道で思わぬところに白バイが。
ただし、隊員は地域住民と思われるおじさんに話しかけられていた。

そういえば、学生の頃にも山中で白バイ見かけたなぁ。
などと思い出しつつ走ること十数分。
あっさりと左側にラフォーレ山中湖が出てくる。
割と山中湖が近いこと判明。

ただし、今回は特に何かを買いに来たわけではないので、なるさわやかつやま方面にはいかない。
道の駅すばしりまでは20分程度だけど、u-mediaの看板が目に入ったのでUターンしてみたら
Rimg0247_r

そこはU-media山中湖だった。
Rimg0254_r

湖側は造園中で、まだ準備中なのかな?と思ったが利用可能とのことだった。
Rimg0252_r

中に入って展示バイク(NR!)を見、ちょっと休憩。
Rimg0251_r

せっかくここまで来たのなら、前から気になっていた三国峠(さんごくとうげ)へ行ってみるために、地図で方向確認。
うーん、俺にはツーリングマップルはちょっと使いづらいかな。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%9B%BD%E5%B3%A0_(%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%83%BB%E7%A5%9E%E5%A5%88%E5%B7%9D%E7%9C%8C%E3%83%BB%E5%B1%B1%E6%A2%A8%E7%9C%8C)

U-mediaをでて左折で道を少し戻り、平野の信号交差点手前を右折し、
山梨の県道730号へ進む。
すると、最初の大きな右コーナー手前にハッピードリンクショップを発見。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%83%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%97
Rimg0256_r

手持ちのお茶は暑さのため飲み干してしまったので、500mlの水を1本購入。

途中のパノラマ台は車で一杯だったので、ちょっとだけお邪魔して写真を一枚。
Rimg0258_r
残念ながら富士山は雲に隠れているので湖しかよくわからないけど。

Rimg0263_r
周囲は標高が高いせいか、枯れ草色。

山梨側から神奈川・静岡側へと進むと、下り路面にたて溝が切ってある。
峠族とかルーレット族とかドリフト族とかいわれる車対策なだろうけど、
二輪にとってはちょっとやな感じの処置だ。
朝比奈の切り通しでも同様に溝が切ってあったけど。
路面にタイヤが接することが必要な乗り物で、
あえて接地面積が減るような危険な加工は止めて欲しいものだ。

峠を下りると変則十字路。
念のためYBRを停めて、地図で方向確認。
PSPナビは2時間稼働で電池切れした。
2時間以上走るなら、やはり給電対応が必須だな。

十字路は右へ、その先の丁字を左折して進むと、ようやく246へ。
逆方向へ進めば道の駅ふじおやまだが、ここへも寄らずにまっすぐ家へ帰る。

つもりだったが
246裾野バイパスを横浜方面へ進むと、清水橋の信号。
この場所、見覚えがあるな、と左折し進むと神奈川県に2つしかない道の駅がやはりあった。
道の駅山北http://www.town.yamakita.kanagawa.jp/contents_detail.php?frmId=17
トイレ休憩がメインの場所のイメージだったが、
菜物と山菜など産地直販もテントでやっていた。
山菜や生キクラゲなど、寒ければ買って帰ってしゃぶしゃぶでも・・・と思ったが、
あいにくの気温。タンクバックじゃ蒸されてシナシナになっちゃうだろうから諦め。
試食のみかんが甘かったので、1袋をおみやげに購入。
タンクバックにはぎりぎりの高さだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

初夏の訪れ 2

なんて事を考えながら、早めの昼食をとり終える。
毎度の如く、売店でおにぎりと野菜のかき揚げを購入。
Rimg0234_r


かき揚げに塩がつかなくなっていた。
あと、ボリューミーだ。かき揚げは一個でいいや。
としとったかな?

朝に比べると天気は格段。日射しも強く気温も上昇中。
これなら標高の高いところへ走っていっても寒さで震えるようなことにはならないだろう。

ヤビツ峠を通って246で帰るつもりだったが、予定を変更してどうしみちへ進む。

鳥居原を駐車場を出て左へ進み、最初の丁字路で右折して県道64号へ。
小さな橋を渡り、JAを通過してすぐ左折で県道64号を進む。

ずんずん進むと国道413号へぶつかる。これがいわゆる「どうしみち」だ。
左折して道志方面へ。

青野原などのキャンプ場を通り過ぎ、更に進むが
軽トラなどが先行しているとこちらも非力なYBR、登坂はきつい。
白ラインで見通しのよい場所を使って抜かさせてもらうが、
非力なのでモッサリ感がある。なんか申し訳ない。

車では数度通ったことあるはずだが、二輪では初めての道で
勝手がわからないのでゆったり目で走る。

宮が瀬周辺では散ってしまっていた桜も、どうしみちでは未だ咲き誇っている。
桜の下を走ると、ひらひらと花びらが散っていてなかなか綺麗ではある。
マスクなしでもくしゃみが出ないので、杉花粉も終わりかな?
Rimg0243_r

30分ほどで道の駅道志に到着。
駐車場は車とバイクで混雑し、車は駐車場待ちの車列ができはじめている。
軽くトイレ休憩。
Rimg0245_r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏の訪れ その1

連休最初の土曜日。

前日の雨は上がったものの、朝から曇天。
ただし、天気予報は気温の上昇を予想しているので、
寒くて困るようなことにはならないだろうけど、
朝起きたら肌寒いのも事実。
ま、朝の6時だし。


朝食を済ませ、出かける準備。
タンクバッグを合わせてみるが、やはりタンクに対して大きすぎる。
ハンドルを切ると干渉する様では、とても安全に走れない。
しかし、せっかく買ったバッグを使わない、って手はない。
無駄銭使ったと知れたら家族に何言われるか・・・。勿論勿体ないし。

しばし悩みリアシートとキャリアの上に固定する方式をとる。
左右サイドカバーをはずし(右側ボルト1本)、
シート固定ねじ(左右1本ずつ)をはずし、
シートを後ろ側へずらして取り外す。

シートの下にバンドを通して、タンクバッグをバンド留めする。
タンクバッグのマップケースにGPSユニット付きPSPを放り込み、
ヘルメットのBTマルチインターホンとペアリングして音声案内を受信できるように設定。
カーナビの使い勝手の実地確認とする。

最初の目的地は鳥居原にして朝9時に出発。
ところが1号線が戸塚で渋滞。
長後街道でて事前に設定した通過ポイントまでは順調だったが、
その後の案内「まもなく、右斜め方向です」が道なりなのか右折なのか分かりにくく迷う。
結局大きく回って元の場所に出て進み直し。
進んだ先は、結局長後街道へ合流だった。

そのあと毎度毎度の海老名厚木あたりで迷い込む。
海老名インター入り口→海老名インター前と進み右折、
厚木駅を超え左折して川を渡る。

お、道路の上に高架道路がつながってる。
以前通った際は離れていたから、着々と工事進んでるんだ。

橋を渡って右折すると渋滞。
厚木市立病院前の交差点にやっとたどり着いた。
元紳士服の建物が、今はドンドンタウンというお店になってはいるが、
ここは、大昔にバンデットで抜けた道だ。もう20年も前の話になるのか。

この先の国道412が進みたかった道だから、まぁ方角は間違っていなかったけれど。

この先はナビがなくても知ったルート。
愛川ふれあいの村を越え、丹沢アンパン工場手前の信号を左折。
道なりに進みトンネルをいくつか抜ければ、鳥居原だ。
所要時間は2時間。到着時には日もしっかり出て気温も上昇中。
駐車場には多数の二輪がいる。

Rimg0240_r
ピンクナンバーは少ないが。

さて、ナビのことだけれど。
PSPナビは、マップケースの中だとボタンがカバーに押されてしまい、
メニュー画面が開く。
こうなると、道案内をしてくれないので
ハンドル周りへの固定を考えるべきだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »