« 第7回給油 | トップページ | 初夏の訪れ 2 »

2012年5月 2日 (水)

初夏の訪れ その1

連休最初の土曜日。

前日の雨は上がったものの、朝から曇天。
ただし、天気予報は気温の上昇を予想しているので、
寒くて困るようなことにはならないだろうけど、
朝起きたら肌寒いのも事実。
ま、朝の6時だし。


朝食を済ませ、出かける準備。
タンクバッグを合わせてみるが、やはりタンクに対して大きすぎる。
ハンドルを切ると干渉する様では、とても安全に走れない。
しかし、せっかく買ったバッグを使わない、って手はない。
無駄銭使ったと知れたら家族に何言われるか・・・。勿論勿体ないし。

しばし悩みリアシートとキャリアの上に固定する方式をとる。
左右サイドカバーをはずし(右側ボルト1本)、
シート固定ねじ(左右1本ずつ)をはずし、
シートを後ろ側へずらして取り外す。

シートの下にバンドを通して、タンクバッグをバンド留めする。
タンクバッグのマップケースにGPSユニット付きPSPを放り込み、
ヘルメットのBTマルチインターホンとペアリングして音声案内を受信できるように設定。
カーナビの使い勝手の実地確認とする。

最初の目的地は鳥居原にして朝9時に出発。
ところが1号線が戸塚で渋滞。
長後街道でて事前に設定した通過ポイントまでは順調だったが、
その後の案内「まもなく、右斜め方向です」が道なりなのか右折なのか分かりにくく迷う。
結局大きく回って元の場所に出て進み直し。
進んだ先は、結局長後街道へ合流だった。

そのあと毎度毎度の海老名厚木あたりで迷い込む。
海老名インター入り口→海老名インター前と進み右折、
厚木駅を超え左折して川を渡る。

お、道路の上に高架道路がつながってる。
以前通った際は離れていたから、着々と工事進んでるんだ。

橋を渡って右折すると渋滞。
厚木市立病院前の交差点にやっとたどり着いた。
元紳士服の建物が、今はドンドンタウンというお店になってはいるが、
ここは、大昔にバンデットで抜けた道だ。もう20年も前の話になるのか。

この先の国道412が進みたかった道だから、まぁ方角は間違っていなかったけれど。

この先はナビがなくても知ったルート。
愛川ふれあいの村を越え、丹沢アンパン工場手前の信号を左折。
道なりに進みトンネルをいくつか抜ければ、鳥居原だ。
所要時間は2時間。到着時には日もしっかり出て気温も上昇中。
駐車場には多数の二輪がいる。

Rimg0240_r
ピンクナンバーは少ないが。

さて、ナビのことだけれど。
PSPナビは、マップケースの中だとボタンがカバーに押されてしまい、
メニュー画面が開く。
こうなると、道案内をしてくれないので
ハンドル周りへの固定を考えるべきだろう。

|

« 第7回給油 | トップページ | 初夏の訪れ 2 »

走行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1570219/45103050

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の訪れ その1:

« 第7回給油 | トップページ | 初夏の訪れ 2 »