« クラッチ交換 | トップページ | 変更後の様子見 & 給油#8 »

2012年6月 2日 (土)

クラッチ取り付け

サービスマニュアルでは クラッチのインストール とある部分に作業は進む。
Rimg0105_r

フリクションプレートでクラッチプレートを挟む、ので
フリクションプレート5枚にクラッチプレート4枚の
全部で9枚(純正は7枚)。
同型エンジンのXTZは最初から4枚クラッチなので5枚クラッチにする方もいるようですが、
YBRは4枚で十分だろう。

ロックワッシャーを取り付ける。
Rimg0106_r
ここから規定トルクでナットを締めてタブを折り曲げる、んだけど



どうもトルクレンチがおかしい。
ネジ締めにしか使わないようにしてきたが、壊れたか?
なので、以下全て手ルクレンチ。
クラッチプレート他は組み付け時にエンジンオイル塗布が必要。
なのでヤマハのエンジンオイル1L缶を開封し、ここから少しずつ塗っていく。
(他は車用エンジンオイルしかないので)

作業で遂に油まみれとなり、以降の写真は無し。

どんどん元に戻し、
クラッチの重さと切れを調整したうえで
カバーを取り付け、エンジンオイルを給油して、始動試験と走行試験。

一応無事に周囲を一周回ってこれた。
ここで時間切れとなり作業はいったん終了。

|

« クラッチ交換 | トップページ | 変更後の様子見 & 給油#8 »

整備・作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1570219/45507070

この記事へのトラックバック一覧です: クラッチ取り付け:

« クラッチ交換 | トップページ | 変更後の様子見 & 給油#8 »