« 突発ツー 関東、梅雨入り目前? | トップページ | 梅雨の晴れ間 »

2012年6月 8日 (金)

突発ツー 関東、梅雨入り目前 その2

夕焼けのゲートブリッッジとガンダムを見るために、夕方出発。
まずは国道14号京葉道路を東へ向かう。
どうやら川沿いを海へ向かう船堀街道は湾岸線(国道357号)とは合流しておらず、東か西へ向かわないといけない。
なので東に向かい、環状七号との交差点を右折し、海側へ向かう。

環状線だから都の中心(皇居?)をぐるりと回るように走る道路の7本目で、
西側は大井や平和島とかの埠頭方面から、柿の木坂を通ってぐるっと巡って葛西まで続く道だ。
葛西を目指してずんずん進み、357号との交差点で変則的に右折し、首都高湾岸線と併走する357号線を走る。
Rimg0118_r
↑環七と357の交差点

Rimg0121_r
↑357走行

大きな川を渡る前、左方向にゲートブリッジの全貌が目にはいるが、
曇天で風もあるため橋は背景に溶け込んでいる。
写真では橋が写らないだろう、と撮影は断念。


橋を渡ってすぐに信号を左折し、若洲公園方面へ。
Rimg0126_r

橋の手前の信号待ちで、反対車線に待機している白バイ発見。
朝走った感じだと、結構周りはとばすので注意しないとね。
ま、YBRの登坂力では相当引っ張らないとそんなスピードにはならないだろうけど。

信号が変わって発車。
ぐいぐい坂を上るYBR。
ところが、想像以上に風が強く、
若洲公園側からは右コーナーとなる橋への登りは、
そのまま左の壁を越えて海へ飛び出しそうな恐怖を覚える。

ウワーコエー

と心で念じながらメーターをみるが、恐怖でアクセルが開けられない(若干大げさな表現)。
前をいく車と同程度のスピードで走っていると、
右側車線を白バイが追い越して走っていった。
右車線を走行する車の追尾に入ったようだったが、
白バイがちかづいてきていたなんてミラーでは全く気づかなかったな。

橋を渡ると、その先の反対車線で3台ほどの車が止められていた。
白バイ2台と覆面か?
ここは結構スピードでちゃうから気をつけないとね。
道なりに直進すると平和島方面なので、
測道から右折し臨海副都心方面へ進む。
Rimg0128_r


海底トンネルを進むわけだが、右左折は関係車両専用の進入禁止地区の様子。
さらにトンネルは自転車・原付も進入禁止。

トンネルを抜け、テレコムセンター前を左折。
ダイバーシティの場所の確認が不十分だったので、
とりあえずは潮風公園方面へ向かってみる。
湾岸署を過ぎた先で、進行方向右側にガンダム発見。
Rimg0129_r
↑湾岸署。のりぴーがいた夏は、台場のガンダムや冒険王と重なって凄い人だったらしい。

ただし、駐輪場が見つけられない。
走っていると、バイクがたくさん駐車してある陸橋下を発見したので、
そこへ止めて徒歩でダイバーシティへ向かってみた。

場所的にはビーナスフォートに駐めて歩いた方がいいかな。
Rimg0132_r

ダイバーシティ一階には銀たこや花丸うどん、フードコートも充実してるっぽいが、
なにせ金曜の夜なのでオッサン一匹は浮きまくってる。
ましてや暑いのにきっちりライジャケまで持ち歩いてるし。
Rimg0140_r

おそらく夜のライトアップなんかの演出もあるんだろうけど、
さっさと退散する。

朝と同じく臨海トンネルを抜け(トンネル入り口しばらく入った路肩で、125マジェが故障停車してた)、
15号を下っていく。
横浜でそごう方面へ車線変更できず、みなとみらい方向へ進み、鎌倉街道を使って帰宅。
Rimg0158_r


エンジン冷えてからカバーかけよう、と
部屋で少し休んでいたらまさかの降雨で少しYBRは濡れてしまった。
Rimg0162_r


|

« 突発ツー 関東、梅雨入り目前? | トップページ | 梅雨の晴れ間 »

走行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1570219/45612459

この記事へのトラックバック一覧です: 突発ツー 関東、梅雨入り目前 その2:

« 突発ツー 関東、梅雨入り目前? | トップページ | 梅雨の晴れ間 »