« チェーンサビ落としとバッテリー確認 | トップページ | リア整備とステップバー比較 »

2015年2月14日 (土)

スイングアームピポットとドラムブレーキの整備

記事が消えた様なので再投稿。

14日土曜、午後から整備開始。
センタースタンド立ててサス取り付けネジ下を外し、
ブレーキロッド・アームを外して
アクスルナットを外しアクスルシャフトを抜く。
シャフトに錆はなく、スンナリ抜ける。
Ca3a0091
あっという間にリアホイール取外し完了。
フロントスプロケの様子
Dsc00019
15丁スプロケとセロー用スプロケホルダーは念のため撮影
タンデムステップ留めネジの上側がスイングアームシャフトなので
サクッと抜き取る。
こちらのシャフトも錆びは無くすんなり抜ける。
Dsc00020
スイングアームから取り出したカラーは一部アタリの部分が摩耗していたが、
まぁ大丈夫でしょう
Dsc00022
ここでカメラの充電が切れたのであとは画像なし。
サービスマニュアル見ながらグリス塗布してスイングアーム組み戻し。
ピポット周りにはヤマハ耐水グリスA、ブレーキドラム周りにはグリースFで仕上げる。
トルクレンチを使って各部を規定トルクで組み付ける。
ブレーキアームは着て位置で締めると結構がっちり組みつく。
これが異音の原因だったか?
リアホイール組み付け後、締めつけ前にチェーン調整。
・・・なんだけど、目盛りは整備前と変わらず一番前方。
チェーン伸びてないんかね?
近所を軽く試運転したが、ブレーキのカツンは解消したかな。

|

« チェーンサビ落としとバッテリー確認 | トップページ | リア整備とステップバー比較 »

整備・作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1570219/58941421

この記事へのトラックバック一覧です: スイングアームピポットとドラムブレーキの整備:

« チェーンサビ落としとバッテリー確認 | トップページ | リア整備とステップバー比較 »