« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月23日 (月)

ちょっとだけ乗る

土曜日の朝

前夜に雨が降ったらしく路面が結構濡れている
晴れていたら小田原方面へ下道でトコトコ行こうかと思っていたんだが

10時まで待機して路面が乾くのを待つ。

冬ジャケットから肩肘プロテクターを外して
3シーズンジャケに移植。
ヒートテック上下にダウンベストと3シーズンジャケ、
コミネのライディングジーンズで本牧方面へ軽く流してみた。
60キロ巡行ではチョイ寒いが
40キロ巡行なら平気だった。


一時間半程して帰宅すると結構体が冷えた様子。

春はすぐそこだが
花粉がなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

充電器取り外し

まるまる24時間繋いでおいた充電器を取り外した。
繋いで即充電完了ランプだったが

この状態からも微弱な充電が続くらしいので
天気予報とにらめっこして
1日放置。


バッテリーの準備は済んだし
リア周りのグリスアップも済んだ。

いつでも出かけられるぜ!


車体購入前に調達したバイクカバーが
遂に縫い目崩壊した。
買い替えなきゃなあ。

二輪館の2980のやつにするかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月11日 (水)

補充電開始

タクトスイッチ交換して修理完了の充電器。

そもそもは購入した新品バッテリーの補充電のために直したのに、
すっかり忘れて片付けてしまった

水曜朝、
YBRの左サイドカバーを外し、
バッテリーを露出。
ターミナルに充電器繋いで補充電開始。

明日朝まで経過観察


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

充電器修理完了

霧雨降る中、昼休みに秋葉原へ。

ガード下の店でタクトスイッチ見つけたが、
一個100円は高いな。

結局秋月電子迄行くことに。

毎度の事ながら沢山の買い物客で混雑。
とても店内見て回れる感じじゃないので
入り口付近の店員にタクトスイッチの場所を聞いて
置き場までまっしぐら。

一個10円のスイッチが大きさ的にちょうど良さげ。
予備含めて購入。




帰宅後基盤へハンダ付けして
バッテリーに端子つないでコンセント差し込み
モード選択が切り替えられるの確認。

これで使えそうだ。
天気が良い夜に繋いで補充電しとこう。

| | トラックバック (0)

2015年3月 7日 (土)

スイッチ分解

充電器BALNo.1734のモード選択ボタンを押してもモードが変更されない件、



問題と思われる部品を摘出した。




個人的な興味で不具合部品を解体してみた




金属のトッププレート に4つのポッチ。


これは台座の樹脂から出てるピンを溶かしたものだろう。


それを除去すれば無事解体できるはず。




Dsc06867






無事解体。


右上から時計回りで


スイッチボタン、


フェイスプレート


金属ドーム接点(ペコ板)


ケース


スイッチを押しつけるとペコ板がペコっとへこむ




Dsc06869




ペコ板のアップ(本体側)、接点との接触痕が左右外周に残ってる。


ペコ板はリン青銅のプレス部品。


通電させたりクリック感演出したりと


シンプルだけど大事な部品。




スイッチの構造はシンプル。








Dsc06870




こんな汎用部品で不具合、かぁ。


接点復活剤で直ったとの書き込みも複数。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

工具留めベルト交換

雨の天気予報はあたり。
予報を信じて自宅待機にした土曜午前、
外は明るく霧雨小雨程度。
ま、バイクで出かけりゃドロドロになるから
自宅待機の判断は正解だと思いたい。
が、明るいので未練というかなんというか。
ま、それはそれとして。

前回 確認したときは首の皮一枚で繋がっていた工具留めバンド

残念ながら今回は
Dsc06863
遂に果てた。
このバンドを外したのは購入後自賠責書類を仕舞って以来。
3年半ぶり、か。
Dsc06864
代わりになるモノ、は実は確保済み。
Dsc06866
うん、予想道理の収まり。
代替品は富山名物ますのすし のゴム。
ゴムは4本1セットだから予備が3本。
Dsc06860
数年前まで横浜そごうに常設店があった、と思ったが出店やめちゃったか?
数週前、サミットの駅弁フェアで見つけたので購入しておいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

充電器分解(BALNo.1734)

amazonのレビューを読むと、購入後1年半で動作しなくなる

って書き込みが多い。
BAL1734 モード選択 で検索すると、
どうやら内部のスイッチが原因らしい。
新品のバッテリー買ってしまったので当面不要になるけれど
忘れないうちに確認。
充電器本体裏側に特殊ネジ(△)外周7本と、銘板裏に1本。
Dsc00033
工具箱の中、△ドライバーを探したが見つけられず。
代わりに出てきた適当な大きさの六角レンチの角を三か所ヤスリでけずって
差し込んだらネジ緩んだので分解。
この6角レンチ、3本セットで小袋に入ってテープで留めてあったんで、
何かの付属品だったんだろうか。
Dsc00034
基板収納部外周にパッキン、
電源コードとバッテリーケーブル取り出し部にもグロメットが使われていて、
防水を意識した造り。
Dsc00035
問題のスイッチ周辺。
タクトスイッチ除去する為に基盤をフリーにしたいので
電源と充電ケーブルを基板から外す事に。
ケーブルの接続先を間違えないように記録
Dsc00041
黒ケーブル2本
Dsc00042
赤ケーブル2本
問題のスイッチ。
Dsc00047_2
押してる間だけ画像のスイッチ右側と左側に通電するタクトスイッチ。
うーん、リファービッシュ?リペア?
基板上が美しくないな。
タクトスイッチ以外の実装部品はチップばかり。
Dsc00045
両面基板で裏側には大物がゴロゴロ。
抵抗左の4つ穴がスイッチ取り付け部
一か所だけ導通してるようだ。
基板に着いた状態でスイッチ根元にテスター当てて計測。
真っすぐ押し込むと通電しないが、横方向に力入れながら押すと通電する。
スイッチ内部の破損か?錆び?
不具合部品を摘出して、さてどうしよう?
摘出した部品の大きさは、基板実装品だから規格物だろうけど、
Dsc06857
6ミリ角
スイッチの高さは3.4mmか?
Dsc06858 Dsc06859

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッテリー交換

ピンポンとチャイムが鳴って荷物がついた。
早いなAmazon。

補充電して載せようと充電器をつないだが
モード切り替え出来ない。
ん?充電済みのバッテリーの筈だが。

テスター引っ張り出して計測。

やはり、電圧は十分。

となると充電器の方が故障か?


補充電無しで積み替えだけ実施。
サイドカバーはずして
マイナス端子→プラス端子の順で外して
切れかかってるバンドを慎重に外す。

ブリーザホース?をバッテリーから外し、
バッテリーを降ろし
新しいバッテリーを載せて
バンドを慎重に掛けて
プラス端子→マイナス端子の順で取り付ける。


取り付け終了

密閉式の方が全長が短い様だ。
純正の上蓋黒い部分が無いくらいの長さか?


書類&工具スペースと同じ位の幅?

セルが回る事を確認してサイドカバー付けて作業完了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 5日 (木)

バッテリー決定

さて、 バッテリーの事。 実は前回整備の2/11から地味に悩んでいたバッテリー。

結局台湾ユアサの密閉式を選択。
YBRで密閉式積んで問題なかった、との書き込みを複数見かけた事、
AMAZONでバッテリーを買うと漏れなく液補充状態で送ってくる、という恐ろしい話を知った事、
手持ちの充電器が密閉式に対応している事、
が決め手となった。
←値段の割になかなか優秀だ。使用頻度は購入後10回未満だけど。
バッテリー液は酸性の液体なので別では送ってくれないらしい?
悪用されたら困るのかな?
ただ、その割に着荷の際に箱内で液漏れってレビューもあって おっかない。
なので今回はMFバッテリーにしてみた。
届いたら補充電して載せ替えだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

バッテリー変えなきゃ

さて

オヤジのKGはキックがついているので

バッテリが放電しててもあまり気にしていなかった。
が、
充電器を使ってみても充電開始しない。
どうやら過放電させすぎてダメ、って事らしい。
↑前回ここまで
で、
オヤジの持ってる充電器はコレ。
繋いでみたが充電が開始されず。
どうやら7V切ると過放電させすぎで充電NG、と取説に書いてあった。
バッテリーの買い替えを検討して、amazonを検索。
これが最安。
駄目になったバッテリーはどうやらNAPSで無料引き取りしてくれるらしい。
処分のめどは立ったから 調達はネット通販でもなんでもいいか。
YBR搭載の純正品は、ユアサの中国版?
品質はそんな悪くなかったんじゃないかな?
マキシマバッテリの開放式。
開放式を積んだバイクに密閉式を積んではイカン、
という話を聞いたことがあったような。
ただ、YBRに関してはどうだろう?


これはシールドタイプで安い!

が、無難に行くなら台湾ユアサ製か

どれにするかなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »