« 工具留めベルト交換 | トップページ | 充電器修理完了 »

2015年3月 7日 (土)

スイッチ分解

充電器BALNo.1734のモード選択ボタンを押してもモードが変更されない件、



問題と思われる部品を摘出した。




個人的な興味で不具合部品を解体してみた




金属のトッププレート に4つのポッチ。


これは台座の樹脂から出てるピンを溶かしたものだろう。


それを除去すれば無事解体できるはず。




Dsc06867






無事解体。


右上から時計回りで


スイッチボタン、


フェイスプレート


金属ドーム接点(ペコ板)


ケース


スイッチを押しつけるとペコ板がペコっとへこむ




Dsc06869




ペコ板のアップ(本体側)、接点との接触痕が左右外周に残ってる。


ペコ板はリン青銅のプレス部品。


通電させたりクリック感演出したりと


シンプルだけど大事な部品。




スイッチの構造はシンプル。








Dsc06870




こんな汎用部品で不具合、かぁ。


接点復活剤で直ったとの書き込みも複数。

|

« 工具留めベルト交換 | トップページ | 充電器修理完了 »

覚え書き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1570219/59178720

この記事へのトラックバック一覧です: スイッチ分解:

« 工具留めベルト交換 | トップページ | 充電器修理完了 »