« 2015年6月 | トップページ

2015年7月

2015年7月22日 (水)

車体送り出し

水曜午後、陸送業者が引取に来て
新しいオーナーさんの元へ積まれて行きました。



4年間世話になったね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月16日 (木)

自賠責の名義変更書類

今回YBR譲渡に伴い、自賠責は車体につけたまま一緒に譲渡する。
保険会社に確認したら、名義変更申請書は
保険会社の営業所か代理店に取りに来てくれ、
というものだった。
今時ウェブサイトで受付たりDLできたりはしないようだが
自宅や勤務先の近隣には、拠点がない。
それで取りに来いって言うのか。
と疑問に思ったら
郵送してくれるとのこと。

届いた書類に記名捺印。
これで自賠責名変書類の準備は完了。

後は車体代金入金確認後に廃車手続きして
廃車証明書貰って送ればOKか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月13日 (月)

覚え書き

オークションが終了し、
新たなオーナーさんが決まりました。

次のオーナーの元でKGの走行距離が伸びていくことを祈りながら
購入時にショップから受けた注意事項をお伝えします。

<燃料コックの事>
∇がon、△がリザーブ、横向きがOFFです。
負圧キャブの為、乗らない期間は極力offの位置にしておくと負担が軽減されるそうです。

<タンクキャップの開け閉めの事>
開ける際はキーを差し込んで右へひねる。それだけですが、
閉める際はタンクキャップ自体に力をかけてタンク口へ押し込む事。
キーを持って押し込むと、キーが力負けして曲がってしまう、らしいです。

<暖気とアイドリングの事>
キャブ車体左側にチョークレバーが有ります。
夏場でもチョークを引いて始動させて下さい。
自分はエンジン始動後はそのまま走りだし、走行しながら暖気していました。
キャブ車体右側にアイドルスクリューが有ります
信号待ちなどでのアイドリングは、暖気完了後で1500回転に設定してやると調子が良い様です。

<サイドカバーの事>
左カバーは鍵で、右カバーはボルトで留められてます。
どちらも前方側が車体のグロメットに棒状の突起が押し込まれているので、
前方側を車体から引き剥がすように引っこ抜きます。
その後、車体前方側へずらしてやると、
カバー後方のスリットに入った本体側フックから取り外せます。
左側にはバッテリーがあり、バッテリーの上には車載工具と自賠責証入れがあります。
右側はエアクリーナーボックスです。

さて
全長や全高などサイズを確認する為に
久しぶりに輸入元のアトラスのサイトを見てみた

【全長】2005mm 【全幅】745mm 【全高】1170mm 【重量】126kg 【シート高】790mm 【最高出力】7.1kw/7800rpm 【最大トルク】9.9N・m/6000rpm 【燃料タンク容量】13.0ℓ 【タイヤサイズ】F:3.00-18 47P R:90/90-18 57P 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月11日 (土)

ダウンフェンダー装着画像

Dsc07057

Dsc07059
Dsc07058_2Dsc07079_2Dsc07084Dsc07085
Dsc07081
Dsc07082 Dsc07086 Dsc07087

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月10日 (金)

追加整備実施

7月に入って初の雨じゃない朝
バイクカバーを外し、風に晒して湿気除去。

ついでにトルクレンチでフレームボルトの締め付けチェック

上が50N、下が38N

アンダーガードつけてしまったので
下はトルクレンチにジョイントバーで対処。

ついでにフロントブレーキも一部OH。
Dsc07318_2
と言ってもスライドピンを磨いて、
パットの当たり面と一緒にブレーキグリス塗布だけだが。
Dsc07319
明日朝ディスクの当たり具合の確認したら整備は完了。
既に入札いただいており、
人手に渡ることが確定しているので
遠距離試走はもう出来ない。
近隣でブレーキの効き具合だけ確かめて整備終了かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 8日 (水)

ハンドルストッパー

オークションでハンドルストッパーについて問い合わせ有り。
全く気にした事無かったが、
転倒ダメージで破損、ってのは良くある事の様だ。
しかもハンドルストッパーだと思っていた突起は
実はステムストッパーと言うらしい。
フレーム側の突起が当たる部分がハンドルストッパーかな?

左側のストッパー、ステムストッパーの当たり面分少し跡が。
多分フォークねじれを矯正した時の、とは思うが
いつどうやって付いたかは不明なので説明出来ないし。


ココ見て思ったんだけど、
一般的に通常走行でフルロックさせないだろうから
駐輪場とかの位置調整であたるんかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 7日 (火)

追加整備!

今更気が付いてしまったので、

週末に再度ほんの少しだけいじる。
○フレームボルト
エンジンガード外した後に戻したボルト、規定トルク確認してない気がする。
トルクレンチで再度確認しておかなくては。
ガードのトルクは上下30N、
2005年式YBRのサービスマニュアルでは上が55N、下が38N
○ブレーキパット当たり確認
パット当たり面がディスクからはみ出していないか確認し忘れていた。
チョーク探さなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャリパーOHつづき

日曜に温水洗いしたキャリパー。
丸一日常温乾燥させて
プロアーで空気通してみる。

乾いているのを確認して、
フルードを塗ったシールを挿入
更にフルードを塗ったピストンも挿入

一番奥まで押し込んでから
バンジョーボルトネジ穴に樹脂栓はめてから
キャリパー本体に着いたフルードをブレーキクリーナーで除去。


ここまでで時間切れ。
続きは今夜。
作業の途中だか出品してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんどん出品

車体に入札があった以上、
予備部品持ってても仕方ない。

どんどん出品していく。

家族にも指摘されたし
自分でも思ったが
こんなに沢山部品抱えてたか

一晩で出しきれず
火曜早朝に気になって目が覚めてしまい
追加出品。

ピポットoリングやカバーガスケットなんて
オフ会があれば配布に行ったんだがなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

ノーマルへの戻し キャリパー交換捕捉

取り外したツーポットキャリパーと戻したワンポットを見比べていて気付いた。
前回交換時にパッドとスライドピンとピン停めクリップ2個は
実走行距離に合わせるために移植したんだった。

今回戻したシングルのパッドは使ってない奴をそのまま装着しておいたが
スライドピンとクリップは再度移植し直した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入札有り

オークションを使うの自体が久々で、
さらに出品となるといつ以来かも不明。
車体の出品には落札後システム使用料?とかが請求されるらしい。
しばらく使ってないと色んなことが変わってるなぁ。
今は有料会員でないと出品出来ないらしい。
なら今月中にYBR関連部品は売り切らないと
余計な会費を取られてしまうな。

などと考えながら起床後スマホで確認してみたら
早速入札して頂いた様だ。
ほっとした反面、若干の寂しさも。

物置から純正クチバシフェンダーと純正ナックルを引っ張り出す。
落札後希望あれば差し上げるために洗っておかないと。


オークションで転倒でのフォークやフレームの歪みについて問い合わせされたが、
どう答えたらよかったのか。
試乗してもらうのが一番良いんだろうけどなぁ。
出品した以上もう勝手は出来ないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

交換した部品と発掘した部品

この土日久々にバイク関係の作業に費やして
体力の低下を実感。
土曜は小雨なのに熱中症なりかけた。
朝持って出た2リットルのペットボトルが
昼にはほぼ飲み終えてたし
その割にトイレには行ってないから
全部汗で出たか。

それはともかく

ノーマル戻し進める為にあちこち整理した結果
YBR関係で調達した部品も掘り起こしたので
どこかのタイミングで出品しなければ。

今回見つけた関係部品を列挙。
・エンジン右カバーガスケット数枚
クラッチシューこうかんに挑戦した際失敗にそなえて買い込んだ物。
・5枚クラッチシュー 1セット
・クラッチ用リップワッシャー二枚
・外した四枚クラッチシュー1セット
純正は3枚クラッチだと思うが、世間では四枚クラッチと呼ぶようだ。
・クラッチ強化バネ4本
・tzr用だったか国内純正部品を調達
・スイングアームoリング2個
・スイングアームピポットシム2枚
・フロンドブレーキパッド
・リアブレーキシュー
・三叉ベアリング

今回外した部品達
・エンジンガード
・k用リアキャリア
・ツーポットキャリパー
キャリパーは大失敗。
外した奴の汚れがひどくて、ブレーキクリーナ―でよごれ落とししていたら

キャリパーが冷えて結露させてしまった。
バンジョーボルト抜いて樹脂キャップ外してたから
当然内部も結露してるんだよなぁ。
自分が乗る車体のつもりでぬるま湯と中性洗剤使って丸洗いにしてしまった。
現在完バラで乾燥中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リアキャリア交換

雨の日曜朝。

前夜ブレーキレバーを輪ゴムで絞り込んでおいた結果が気になって目が覚めてしまう。
車のテールゲートとブルーシートで簡易屋根を掛けて、
輪ゴムを外しレバーを握ってみたら
しっかりした感覚に戻っていた。
ブレーキは一安心、だけどこの空模様では試走には出られないな。
Dsc07091
忘れないうちにニップル内もブレーキクリーナで洗浄してフルードの残りをウェスで除去。
さて、懸念のノーマルキャリアをようやく発見。
Dsc07092
全く記憶にない場所から、袋にシリカゲルまで入れて保管してあった。
作業的には前日同様、サイドカバー外してシートを外す。
Dsc07093
タオバオで調達した部品で一番大きく役立ったのはこのキャリアだろう。
シートとフラットになるからその気になればでかいホムセンボックスも余裕で積載可能。
ただ、中華品質なのかキリコがパイプ内に残っているようで持ち歩くと音がする。
Dsc07095
キャリアが無い方がすっきりしてる。
純正キャリアを取り付ける。
Dsc07097
ネジ4本だから作業時間はあっという間。
Dsc07099
ずいぶん久々の純正キャリア装着。
ゲルザブ外して気づく。タンデム用のバンドがシートに無かったのか。
Dsc07103
これで戻すべきは全て戻した。
エンジンガードとリアキャリアが無いとずいぶんあっさりした感じ。
とりあえず車体をオークションへ出品。
2011年から2015年の約4年で6000km弱走破。
2013年に増車した大型が2年で8000km走破。
ETC付けて高速使うとはいえ、乗る機会減ってしまったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 4日 (土)

エア噛み・・・

ノーマルへの戻しはリアキャリアが見つからず中断。
キャリア交換はサイドカバー外してシート外せば直ぐだから
作業自体に時間はかからない。
ただしキャリアがどこに消えたのかは
作業で疲労困憊した状態では
全然思い出せないから
日を改めるとして一旦作業終了。

気温と湿度のせいか
持ち込んだ2リットルボトルのお茶はほとんど飲んでしまった。
朝7時半から5時間ぶっ通しで作業してしまったから
そりゃ疲れるわ。

休憩がてら作業記録を付けて、
試運転。
走行振動で抜けるかと思いきや
どうもエア噛みさせてしまったようだ。

ノーマルのシングルキャリパーは、
取り外した後でピストンをコンプレッサーで抜いて
汚れ落としてOH済みの状態で保管してあったから
そのまま組み付けたが
どうもレバーが軽い。
前回交換時も柔らかいままで、結局もう一度フルード交換したら収まったんだっけかな?
走行振動で抜けるの期待してたんだがなぁ。

普段以上に慎重に乗車。

16号を下っていくつもりで海側に出ようとしたが、
八景島手前でパラっと降ってきた気が。
金沢区内で写真撮って家を目指すと、
雨が段々強くなってきた。

帰宅後キャリパーニップルにホースを繋いで
レバーニギニギでもレバータッチもどらず。

キャリパー側じゃなくでマスター側のエア噛みか?

輪ゴムでレバーを固定して一晩放置。
これでダメならさぁどうするか。
レバー握り込んでマスター側のバンジョーボルトを瞬間緩めてエア抜き、って手もあるそうだけど
マスター側は車体購入後一度も緩めてないから
部品同士はそれなりに馴染んでるはず。
銅ワッシャーは手持ちを使い切ってしまったし
できればここは触りたくないが


7月8日追記
輪ゴムでレバー固定して数日経過の8日朝、
オークション問い合わせのハンドルストッパー確認の為車体を移動。
輪ゴム外して握ってみたが問題ない。
エア抜き無事済んだかな。
ホッと一安心

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノーマルへの戻し その2-5

残った古いフルードはシリンジで吸い出す。

Rimg0043

新しいフルードを注ぎ、再度取り付けたなめたけ1号で吸い出し。
減った分を補充してダイヤフラムを組み戻して蓋をしてネジ締め。
したら少し液が漏れた。
Rimg0044
緊急水洗その2
Rimg0050
指定トルクを確認して
Rimg0051
カチン、で規定トルク
Rimg0052
こっちもカチン
ついでに撮影
Rimg0048
YBRはこの銘板で製造年月が分かる。
2011年7月生産で9月日本にやって来ていた車体。
ハンドグルリップエンドは、中のゴムが硬化?
すっぽ抜けちゃう。
予備の新品もあるが
Rimg0053
ノーマル戻しなので
Rimg0056
ハンドルパイプ内を脱脂して、ボンドで留める。
グリップもノーマルに戻し、
アクセル側の脱脂。
油を塗るとゴミを拾って重くなるので、
脱脂のみに留める
Rimg0061
アンダーガードも発掘したので、エンジンガードを外して入れ替える。
Rimg0060
左はEU純正ガードの取り付説明図。
スプロケもノーマルに
Rimg0066
ノーマル14Tと交換していた15T
Rimg0067
純正はサイドカバーを外さないと作業の邪魔。
Rimg0062
ついでに撮影 リアタイヤは2013年28週、1月4週とすれば7月頃か
Rimg0063
フロントは3013だから2013年30週。7月中旬かな
Rimg0068
タンク内の錆なんてファイバースコープ無いと確認できないよなぁ。
見える範囲は綺麗。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノーマルへの戻し 2-4

OHしてあったシングルキャリパー
Rimg0029
Rimg0030
Rimg0031
Rimg0034
交換時にパットは新品に入れ替えている様子。
ちょっと面取りが多すぎるか?
Rimg0038
ホースをキャリパーから抜く際におもらししてしまい急きょ水洗。
Rimg0039
2ポットキャリパー摘出
Rimg0040
ワッシャでホースを挟みこんで、ってイメージ
Rimg0041_2
樹脂栓を抜いてネジネジ
Rimg0042
キャリパー交換完了。各ネジはまだ仮の手締め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノーマルへの戻し その2-3

ここで天の配剤?雨が上がり陽射しが。

急ぎキャリパー交換作業へ着手
Rimg0024
前回交換後OHしてシリカゲル入れて保存していたシングルキャリパー、
ダイソーのシリンジ、なめたけ1号、バンジョー用銅ワッシャー2枚(yamaha純正国内調達)
まずはキャリパー外し準備。
ブレーキフルードを抜く作業
Rimg0026
ニップルにシリコングリスを塗布(気は心の空気対策)
Rimg0027
メガネをニップルに掛けてからなめたけ1号のドレンホースを繋ぎ
Rimg0028
タイラップを掛けて抜け防止。
Rimg0036
なめたけ1号のシリンジをピストンしてフルードを吸い出す。
Rimg0037
吸い出し完了。濃い紅茶位だから交換時期だったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノーマルへの戻し その2-2

リアウィンカーも発掘したついでに交換してしまう。

ネジ2本外してシートをテール側へスライドさせてシートを外す。
Rimg0016
右後ろウィンカーのギボシを外す。
Rimg0017
緑と黒の2本。
ウィンカーは根元の樹脂パーツでハマっているので、
樹脂パーツを外してから引き抜く。
Rimg0019
左が古いウィンカー。
Rimg0021
ピンぼけちゃったが左が古い物。親指横にガリ傷があるのが分かる。右は交換後の新品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノーマルへの戻し その2-1

朝から作業し続けてしまい
給水はしていたものの物凄い発汗で頭痛がしてきた。
一端昼食→頭痛薬で薬が効くまでの間に作業を記録。

7月4日土曜の朝

天気予報は曇りで降水確率20~30%。
微妙な天気だけど車のテールゲートとブルーシートで簡易屋根を造り
出来るところだけでもノーマル戻し作業を進めよう、と
朝から物置で部品を発掘する。
Rimg0005
色々買いこんだ部品はあらかた見つかったが、
ノーマルリアキャリア、K用ステップバー、ウィンカーが1個行方不明だ。
キャリアなんてかさばるモノがどこへ消えてしまったんだろう。
買いこんだ部品の中にバッテリーバンドを発見したので早速交換。
ちなみに、整備の時点で走行距離は5331km。
Rimg0069
前回給油時にトリップ戻してない様だ。さすがのYBRも無給油で771kmは走れないだろう。
まずは左サイドカバーを外す。キーで外す側。
Rimg0004
金具はOの字じゃなくCの字で、ゴムが切れてCの切れ目から抜けてしまう。
暫定で金具を逆転して使っていたが、部品があるなら交換しちゃおう。
Rimg0006
左が使っていたやつで右が新品(とはいえ2013年調達品)
Rimg0007
交換後。問題ないね
次はサイドカバーを外す。10mmソケットでネジを一本外す。
Rimg0008
エアクリーナーケース。5300km走って開けるのは初めてかな?
Rimg0013
全然問題ないか?予備の新品もあるが交換せずに戻そう。
Rimg0014
中はウェスでの吹き掃除に留める

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 2日 (木)

入手からの経歴をまとめてみた

【車歴】
<2011年>
9月11日 納車される
9月23日 エンジンガード装着
9月25日 累計500km走行、オイル交換
10月10日 累計走行1000km、オイル交換
11月12日 ブレーキディスク交換(MAGZAM用?大径ディスクへ)
<2012年>
3月7日 イリジウムプラグへ変更
3月12日 フロントブレーキキャリパー交換(YBR250用2potへ)
3月18日 リアキャリア交換
5月28日 累計走行約2600km、スイングアームピポットグリスアップ
6月2日 オイル交換、クラッチシュー交換
6月3日 ハンドルグリップ交換
6月10日 スイングアームピポットグリスアップ(再)、リアブレーキカムグリスアップ
6月17日 Fスプロケット交換(14T→15Tへ)
7月28日 累計走行3200km突破。富士スバルライン走破。
7月29日 チェーン注油
<2013年>
1月29日 1年点検(ショップ)、オイル交換
5月26日 4101km突破
6月29日 チェーン給油
8月24日 転倒事故
10月3日 破損部品交換
    (メーターバイザー、ライトガード、スピードメーターケース下、Fフェンダー、ナックルガード、マフラーガード)
11月1日 前後タイヤ交換(純正→TT100GP F3.00-18、R90/90-18)
11月3日 ステップバー矯正
<2014年>
2月22日 オイル交換
4月29日 ステップゴム交換、クラッチワイヤー調整
<2015年>
1月25日 チェーン注油
1月31日 タイヤ空気圧調整、累計走行5191km
2月11日 チェーン注油
2月14日 スイングアームピポットグリスアップ、リアドラムブレーキ清掃
3月7日 バッテリー交換
5月5日 累計走行5257km、オイル交換
6月28日 フロントアクスルシャフトグリスアップ、フロントブレーキディスクノーマルへ
※スイングアームピポットのグリスアップには、ヤマハグリースA(耐水性)を使用
※タイヤ交換後走行距離は1156km未満と考えられる(5257-4101)
【2013年転倒事故について】
下りのコーナーでの握りゴケだったんだと考えてます。
さっさと滑ると悪評高いチェンシンブロックタイヤを国産ロードタイヤ変えておけばよかったと大後悔です。
EU純正のエンジンガードを装着していましたが、エンジンガードは無傷でした。
YBRは構造上、転倒時には固定ステップがガードの役目になる様です。
色々な方のブログで転倒時にメーターが壊れる書き込みを見受けましたが、
自分の場合はメーターケースの破損で済みました。
破損個所と修理状況は次の通りです。
<メーターバイザー>交換
<ライトガード>交換
<スピードメーター>ケース下のみ交換
<ステップ>修正
<Fフェンダー>ダウンフェンダーへ交換
<ナックルガード>交換
<マフラーガード>交換
<マフラーエンド>交換
※ブレーキレバーエンド削れあり(塗装しています)
※右前ウィンカーレンズはキズ消し処置

| | コメント (0) | トラックバック (0)

某掲示板への書き込みのお詫びとノーマル化完了見込み

某掲示板で考えなしに書き込んでしまい、
結果掲示板が荒れてしまった事をお詫びいたします。
宣伝の意図は無くかったんですが、
言われてみれば宣伝すんな、って気持ちもわかります。
掲示板を見る多くの方に不愉快な思いをさせてしまった様で申し訳なかったです。
わざわざキャリパーに言及して下さった方は、
恐らくここを特定されての書き込みだと感じましたので、
今後の作業について一応書いておきます。
基本土日の天気を伺いながらのノーマル戻し作業を進めていきます。
キャリパー交換はフルード交換が伴うので、
雨天では作業に取り掛かれないのです。
キャリパーとEGガードとリアキャリアをノーマルに戻したら、
重要保安部品は交換した後試走させないとおっかないので
一度試運転を兼ねて横浜-江ノ島間位を走らせてみる予定です。
その後オークションにKG車体・外した部品類を出品予定です。
早ければ7月4日5日に作業を終えて6日出品、
遅くとも7月中には出品は終えたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 1日 (水)

倉庫の整理しないと

車体を手放すとなれば関連部品も不要となる。

が、バイク部品は重量物。
オークションに出して捌いてもいいが、中古部品に払う運賃が割高でもったいない。
近隣でオフ会でもあれば、車で乗り付けて臨時ガレージセールで手渡せるんだが。
パッと思い浮かぶ処分品といえば
・外したディスク
・2ポットキャリパー
・EUエンジンガード
・リアキャリア
大物の中古部品はこれくらい
・K用フェンダー(濃紺)
・K用ステップバー
この2つは新品。KGに付かなくは無いけれどKで使った方が良いかな?
・5枚クラッチシュー
・三叉ベアリング(正式名知らない)
この二つも新品
その他汎用品だと
・アジャスター付きブレーキレバーとクラッチレバー
・ケーブル類
何があったかすっかり忘れてしまったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ