走行

走った記録です

2015年3月23日 (月)

ちょっとだけ乗る

土曜日の朝

前夜に雨が降ったらしく路面が結構濡れている
晴れていたら小田原方面へ下道でトコトコ行こうかと思っていたんだが

10時まで待機して路面が乾くのを待つ。

冬ジャケットから肩肘プロテクターを外して
3シーズンジャケに移植。
ヒートテック上下にダウンベストと3シーズンジャケ、
コミネのライディングジーンズで本牧方面へ軽く流してみた。
60キロ巡行ではチョイ寒いが
40キロ巡行なら平気だった。


一時間半程して帰宅すると結構体が冷えた様子。

春はすぐそこだが
花粉がなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月31日 (土)

久々の乗車

前回キックでエンジン始動が確認出来、チェーン給油も済ませたKG。
1月最後の金曜の雪もすっかり溶けた横浜周辺、山間部に立ち入らなければたぶん大丈夫だろう、
と沿岸チョロツーを決行。

装備は
上はTシャツ・ヒートテック長T・薄手のダウンベスト・セーター・冬ジャケ。
下はヒートテックタイツ・エドウィン裏地付きジーンズ・オバパン。
ラフローの冬グローブとelfのブーツ。
腰と胸にハクキンカイロで熱源確保。




まずはスタンドで給油、ついでに前後タイヤ空気圧を200で調整。
前後とも若干空気が充填された。
環状2号→笹釜道路→朝比奈→六浦→から16号を右折。
16号に出るまでは様子見しつつ、タイヤの皮むきをイメージしてゆっくり走る。
ブレーキ前後、リアスイングアーム、フロントサス各挙動や異音は無いようだ。
チェーンも大丈夫そう。ただバッテリーは死んでる。
但し、チョーク引いてかけた後のエンジンが安定しない。
チョーク引くと5000回転位で唸ってて不安になるが
もういいかとチョークレバー戻すとストールする。
十分温まった後にアイドリングを1500回転位で調整するんだが、
温まるのに時間がかかるのか、まぁ走ってしまえば問題ないが。
一度だけ信号待ちでストールしたが、セルでの再始動は出来た。
が、セルの音は死に絶え絶えって感じだ。
バッテリーは次の週末で液面確認と再充電してみるか。

16号を走行中にリアブレーキ踏込時に異音「カツン」が発症。
これは以前から気になっているが未だ解消できない。
出るときと出ないときがあり、「カツン」と音がしてもそのまま踏み込めるし、踏み込めば制動掛かる。
ペダル踏む都度毎回鳴る訳ではない。

リアブレーキの構成部品点数は知れてるし、
構造は単純でオーソドックス。
原因究明出来そうのなんだがなぁ。
チェーン、スイングアームピポット、リアブレーキドラムはまとめてOHしてみよう。
各部の組み付けとトルク確認しながら組み直せば直りそうな気もするが。

追浜駅前からは左側の路上駐車車両に注意して走行。
湘南鷹取入口の丁字を過ぎた先は上り坂&トンネル。
調子こいて速度上げるとトンネル出口で測定→その先の田浦署へ誘導、となるので
速度要注意で走行。

トンネル出た先の下り坂も速度注意で走り、船越交差点は右折待ちの車列につながらない様
早めに左車線へ。ここはイエローライン取り締まりをよく見かける場所。
案の定、船越交差点には黒いコートの皆さんが4-5名。
船越交差点先左側のスーパー前に路駐あり。
右に左に障害物、って感じだが交差点内車線変更にならない様しっかり確認。

横須賀ダイエー前の交差点も、過去に車線変更違反者を歩道橋から見張ってた。
信号もラインにも注意して通過。
無事に通過し三笠公園前を通過したら16号を離れて海沿いの道へ。
馬堀海岸前周辺で海岸通りを走っていると、反対車線を白バイが通過。

観音崎あたりで横風の強さを体感するが、寒さは無いので走り続ける事に。
浦賀から混雑する県道210経由で久里浜に抜け、ハイランド入口前を通って国道134号を走行。
引橋交差点周辺で道路工事の為渋滞。
ここはいつも混んでいるが、こりゃ輪をかけて大変だな。

三浦から眺める今日の富士山は半身に雲がかかっている。
雲が無ければ蒼天に白富士で映えたんだろう。残念。
なので写真撮影せずに通過。

松輪入口からメインルートの県道26号から離れる。
道なりに進んで、初めての毘沙門湾を見ながら城ケ島を目指す。


道草したんで城ケ島について食事にありついたのは13時前。
残念ながらウツボから揚げ丼を見つける事は出来なかった。

中落ち釜揚げしらす丼。



味は普通、値段は1350円で観光地としてはまぁまぁ、か?







城ケ島からの帰りはJAの野菜直売所を覗く。
小ぶりな三浦大根とキャベツ2玉購入。
こんなこともあろうかと、巨大リアボックスを装着してきた。
容積的には十分。ただし振動は不安。
三浦大根は運搬の振動で割れちゃうから市外に流通しない、
様なことを聞いたので帰り着く迄に大根粉々になるか?

松輪から先、豊魚を越えたその先の高梨農場の直売所に立ち寄る。
往路で見かけた直売だが、JAの売れ残りとは違い新鮮な野菜が充実。
250円の三浦大根はそれこそ人間の太腿ほどの大きさ太さ。
煮物やサラダに向いているとの事。

金時人参と小松菜も一緒に購入。
リアボックスに収納して復路を走る。
横須賀まで戻り、ホームセンターのホームズに立ち寄る。
M6の+ネジで30,35,40mmを各2本、M6用大ワッシャーを4枚購入。
リアボックス取り付けに利用しているネジが長く、
ブレーキランプ上のカウルに干渉しそう(たぶんしてる)だったので、
今の物より短いのに変更する為。
全部合わせて108円。
グラインダーややすりでネジを削るより買い替えの方がいいだろう。

海沿いから右折して横須賀ポートマートへ。
生のシッタカが売っていたので購入。
100gで250円、300g買い求める。
(帰宅後塩茹でしておいしくいただいたが、フジツボ付着していたりと重量売りは割高な感じ。
ナガラミとの味の違いもよくわからず)

ポートマート近くの道路ではワンペアで張る黒コートを目撃。
一時停止と右折禁止か?ここも頻繁に取締してるな。

16号を進み金沢文庫から笹釜へ。

帰宅後ホームズで買ったネジ&ワッシャー使って
リアボックス取付直しに着手。

結果、
シート側に35mmを、テールレンズ側に40mmを使う。
ステーも良い感じに変形してキャリアに馴染んだか?
当面これで運用してみる。



久々の乗車で走行距離は約112km走行。
静かでトコトコ走るのも、6000回転以上キープして走らせるのも
どちらも楽しい。
大柄に感じた車体も、大型に慣れれば足付良く細身で軽く取りまわし易い、と印象が変わった。
ノンビリ近郊ツーするにはやはりいいバイクだね、YBR。
も少し早い時間でも路面凍結の恐れが無ければ、
久里浜からフェリーで金谷に渡って日帰りもアリだな。大有りだ。

大根は割れずに無事に持ち帰れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月26日 (月)

事故に至る道のり 1

土曜日朝。
朝6時の天気予報では日曜よりまし(但し午前)と確認出来たので、六時半に出発。
前夜給油しておくか迷い、天候不良を理由に断念していた。
給油を済ませてスタンド出たら路肩に車にはねられた獣が。
イヌネコではなくなんだろう、ハクビシンかな?
若干気持ち引きずりつつ先へ進む。
一号も長後街道も既に車は多く。
場所によっては路面は濡れていたり。
246から愛川に向う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月24日 (土)

単独転倒

調子こいてるからこんなとになる。
自戒の意味ではずかしながら記録

対向や後続来てたら死んでてもおかしくなかった
自走で帰還出来たのはラッキーだったな

ライダーはメッシュジャケット上下着用だったからか、
顎をすりおろして数針塗った以外は右腕に湿布貼られただけだ
けど右腕動かすと酷く痛むしスマホ操作も困難だからちょっとずつ記憶整理しながら記録していく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

気がつけば

随分と乗っていない。

カバーをかけたまま数ヶ月放置したため、シリンダーヘッドをはじめとする
各パーツがくすんできている。
が、久々の始動でもチョーク引いてコックオンにしてキックしてやると
懐かしい鼓動と音が・・・。

久々に2時間ほど近隣を駆け巡ってみた。
が、道路があちこちで渋滞していて気分良く走れたとは言えないか。


それでも
二輪楽しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月29日 (日)

突発富士山 その4

11:13 鳥居原ふれあいセンター着
120728_11130001
ダム湖のそばだけどそんなの関係なく暑い。
センターの中で昼食を物色していると、売店内部はエアコンが効いて涼しいんだけど、
買い物済ませて外に出ると暑さが容赦ない。
日蔭を探して昼飯タイム。

おにぎりとお稲荷に、かき揚げ。
まぁ、いつものパターン。
120728_11200001


食べたら出発。14時発の予定だったがまだ12時前。
服部牧場経由で帰るつもりだったが、駐車場を出て左へ進む。

11:34 虹の大橋通過
Oohasi

ビジターセンターを越えトンネルを抜けた先で、どうするかしばし逡巡したが予定より時間が早いので、
右折してヤビツ峠へ向かってみる事に。
Rimg0334_r

今回全行程で驚いたのは、とにかく自転車が多い事。
1号、138号、スバルライン、道志みち、ヤビツ峠。
各地でそれ用なウェア着た人がとにかくあちこちにたくさん。
ヒヤッとした事も。
こちらからは上りのブラインド右コーナーで、
センター割って駆け下りてくるチャリ軍団に遭遇。
こちらが路肩の浮き砂を気にしてもう少しセンター寄りを走ろうものなら・・・。
おっかないなー。
Rimg0343_r

まー兎も角ブラインドだらけ。あたりまえだけど・・・。

峠の売店周囲だけが異常な混雑。
その先の展望台も若干混雑。
ここに来たのは10年ぶりぐらいかな・・・。

このまま246からどうやって帰るか考えながら走る。

11:26 246号線名古木着
Rimg0349_r


246を走っていると、用田方面の指示が出ていたのでそちら方向へ。
そのまま長後街道経由で1号線から帰宅。
13:32 無事帰宅。
Rimg0353_r

翌日の日曜はお疲れ休み。
一応、チェーンへ給油だけはした。
8時間ちょっとで約300km、久々にまとまった距離走れて楽しかった~
これで日曜に腰痛にならなければ、前回の腰痛の原因はハンドルの高さのせいじゃないって推測できるな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突発富士山 その3

5合目を発って少しだけ下った先の駐車場待ち
Rimg0274_r
延々と続く車列。たいへんだ・・・。
じつはここは2列目で、この先にも車列は有る。ところどころ途切れさせて片側通行でバスやタクシーを通している。
駐車場待ちの長期戦なので、車中の人が外へ出てくることも多々。
なので、二輪で路肩側からのすり抜けは危険。
バスやタクシーについて片側通行部分を活用して登るのが歩行者を引っ掛ける心配が少なく安全。

09:03 5合目付近の看板の前で。
Rimg0275_r
今回は歩くつもりがなかったんで写真だけ撮って再出発。

スバルライン下り
Rimg0283_r
どストレートもあるが、コーナーもたくさん。
たのしいねー。

09:09 4合目
Rimg0291_r

大沢駐車場
Rimg0294_r


09:32 スバルラインを出た先、ドギーパーク前
Rimg0307_r
5合目からゆっくり下って40分くらいか。

このあと、国道→湖沿い→道志みち と進む。
陽射しはあるものの渓谷沿いはひんやりした感じもあり気持ちいい。
前回は桜が咲いていたけど、季節は移るね。

10:27 道の駅どうし着
Rimg0313_r
トイレ休憩。豆腐ドーナツ1袋500円をお土産に購入。
野菜などの売店はレジが混んでいたので見送り。

道の駅を出て信号右折し相模原方面へ道志みちをずんずん進む。
青野原越えた先、右手にヤマザキショップの丁字路を右折のはず・・・

Rimg0320_r

Rimg0322_r

あれ?目印の山崎ショップが無くなっている?
野菜の露天販売(直売じゃないよ)してる。
場所は間違いないはずだけど・・・。
地図忘れたんで確認もできない。
記憶を頼りに右折する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突発富士山 その2

みちのえきすばしり駐車場を出て右折し、信号を左へ。
Rimg0260_r

YBRは自動車道に入れないから仕方ないね。

138号をずんずん進み、富士急ハイランドを過ぎた先で左折しスバルライン方面へ。
料金所前の交差点で、警備員が車線中央に出ている。
聞いてみると、5合目駐車場が満車で駐車場待ち5時間、らしい。
バイクは問題がないので直進。

08:00 富士スバルライン料金所を越えて。
Rimg0261_r
車体がでかいマイナー車種なので1600円を請求されるが、
ピンクナンバーなのを説明して200円を支払う。
事前の交通整理のせいで料金所は激空き。
料金所を抜けた先、
傍らではインナーを着込むバイカーさんの姿が。
こちらは忘れてしまったのでこのまま出発。一応ジャケットのベンチは全閉したが。

事前に調べたが、スバルラインのマイカー規制はもう少し先。
だけど、夏休みということもあって5合目は混んでいるらしいが、
道中は快適・・・だけど
非力なエンジン、いつもの乗り方では登って行かない。
8000回転前後でブン回して走る。

08:29 5合目駐車場着。
Rimg0263_r

山ガールと中国人観光客がたくさん。
御来光を見て頂上から戻る人が増え始めそうなので、
お土産の富士山メロンパンを買って下山する。
パン1個250円3個入りボックス1000円。ちょっと迷ってバラで2個を購入。

08:50 5合目発

行きと違って帰りはのんびり景色を見ながら下っていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突発富士山 その1

朝、寝苦しくて4時に目が覚める。
朦朧としながら、朝の支度を済ませて、出発。
Tシャツの上にライジャケ、だけど
玄関内でちょっと動いただけで汗ばむ。

05:18 ガソリンスタンドで給油。
Rimg0252_r

早朝の割に車が多い1号線を箱根方面へ南下する。

05:50 いつものRB茅ヶ崎交差点
Rimg0253_r

更に更にずんずん進む。
箱根あたりで車が詰まり始めるが、上り勾配になっていくので混んで行くんだろう。

07:24 道の駅すばしり到着。出発から1時間半で87.8kmは結構なペースだ。
Rimg0257_r

トイレ休憩と水分補給。
お店は9時からなので、自販機だけだ。
ここまでおおむね順調。
だけど暑い。ライジャケのベンチは全開で走ってきた。
山の上対策で長袖Tシャツを持ってくるの忘れたのに気付く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

突発ツー 関東、梅雨入り目前 その2

夕焼けのゲートブリッッジとガンダムを見るために、夕方出発。
まずは国道14号京葉道路を東へ向かう。
どうやら川沿いを海へ向かう船堀街道は湾岸線(国道357号)とは合流しておらず、東か西へ向かわないといけない。
なので東に向かい、環状七号との交差点を右折し、海側へ向かう。

環状線だから都の中心(皇居?)をぐるりと回るように走る道路の7本目で、
西側は大井や平和島とかの埠頭方面から、柿の木坂を通ってぐるっと巡って葛西まで続く道だ。
葛西を目指してずんずん進み、357号との交差点で変則的に右折し、首都高湾岸線と併走する357号線を走る。
Rimg0118_r
↑環七と357の交差点

Rimg0121_r
↑357走行

大きな川を渡る前、左方向にゲートブリッジの全貌が目にはいるが、
曇天で風もあるため橋は背景に溶け込んでいる。
写真では橋が写らないだろう、と撮影は断念。


橋を渡ってすぐに信号を左折し、若洲公園方面へ。
Rimg0126_r

橋の手前の信号待ちで、反対車線に待機している白バイ発見。
朝走った感じだと、結構周りはとばすので注意しないとね。
ま、YBRの登坂力では相当引っ張らないとそんなスピードにはならないだろうけど。

信号が変わって発車。
ぐいぐい坂を上るYBR。
ところが、想像以上に風が強く、
若洲公園側からは右コーナーとなる橋への登りは、
そのまま左の壁を越えて海へ飛び出しそうな恐怖を覚える。

ウワーコエー

と心で念じながらメーターをみるが、恐怖でアクセルが開けられない(若干大げさな表現)。
前をいく車と同程度のスピードで走っていると、
右側車線を白バイが追い越して走っていった。
右車線を走行する車の追尾に入ったようだったが、
白バイがちかづいてきていたなんてミラーでは全く気づかなかったな。

橋を渡ると、その先の反対車線で3台ほどの車が止められていた。
白バイ2台と覆面か?
ここは結構スピードでちゃうから気をつけないとね。
道なりに直進すると平和島方面なので、
測道から右折し臨海副都心方面へ進む。
Rimg0128_r


海底トンネルを進むわけだが、右左折は関係車両専用の進入禁止地区の様子。
さらにトンネルは自転車・原付も進入禁止。

トンネルを抜け、テレコムセンター前を左折。
ダイバーシティの場所の確認が不十分だったので、
とりあえずは潮風公園方面へ向かってみる。
湾岸署を過ぎた先で、進行方向右側にガンダム発見。
Rimg0129_r
↑湾岸署。のりぴーがいた夏は、台場のガンダムや冒険王と重なって凄い人だったらしい。

ただし、駐輪場が見つけられない。
走っていると、バイクがたくさん駐車してある陸橋下を発見したので、
そこへ止めて徒歩でダイバーシティへ向かってみた。

場所的にはビーナスフォートに駐めて歩いた方がいいかな。
Rimg0132_r

ダイバーシティ一階には銀たこや花丸うどん、フードコートも充実してるっぽいが、
なにせ金曜の夜なのでオッサン一匹は浮きまくってる。
ましてや暑いのにきっちりライジャケまで持ち歩いてるし。
Rimg0140_r

おそらく夜のライトアップなんかの演出もあるんだろうけど、
さっさと退散する。

朝と同じく臨海トンネルを抜け(トンネル入り口しばらく入った路肩で、125マジェが故障停車してた)、
15号を下っていく。
横浜でそごう方面へ車線変更できず、みなとみらい方向へ進み、鎌倉街道を使って帰宅。
Rimg0158_r


エンジン冷えてからカバーかけよう、と
部屋で少し休んでいたらまさかの降雨で少しYBRは濡れてしまった。
Rimg0162_r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧