覚え書き

調べたことの記録です

2015年7月22日 (水)

車体送り出し

水曜午後、陸送業者が引取に来て
新しいオーナーさんの元へ積まれて行きました。



4年間世話になったね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月16日 (木)

自賠責の名義変更書類

今回YBR譲渡に伴い、自賠責は車体につけたまま一緒に譲渡する。
保険会社に確認したら、名義変更申請書は
保険会社の営業所か代理店に取りに来てくれ、
というものだった。
今時ウェブサイトで受付たりDLできたりはしないようだが
自宅や勤務先の近隣には、拠点がない。
それで取りに来いって言うのか。
と疑問に思ったら
郵送してくれるとのこと。

届いた書類に記名捺印。
これで自賠責名変書類の準備は完了。

後は車体代金入金確認後に廃車手続きして
廃車証明書貰って送ればOKか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 7日 (火)

追加整備!

今更気が付いてしまったので、

週末に再度ほんの少しだけいじる。
○フレームボルト
エンジンガード外した後に戻したボルト、規定トルク確認してない気がする。
トルクレンチで再度確認しておかなくては。
ガードのトルクは上下30N、
2005年式YBRのサービスマニュアルでは上が55N、下が38N
○ブレーキパット当たり確認
パット当たり面がディスクからはみ出していないか確認し忘れていた。
チョーク探さなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

ノーマルへの戻し キャリパー交換捕捉

取り外したツーポットキャリパーと戻したワンポットを見比べていて気付いた。
前回交換時にパッドとスライドピンとピン停めクリップ2個は
実走行距離に合わせるために移植したんだった。

今回戻したシングルのパッドは使ってない奴をそのまま装着しておいたが
スライドピンとクリップは再度移植し直した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

交換した部品と発掘した部品

この土日久々にバイク関係の作業に費やして
体力の低下を実感。
土曜は小雨なのに熱中症なりかけた。
朝持って出た2リットルのペットボトルが
昼にはほぼ飲み終えてたし
その割にトイレには行ってないから
全部汗で出たか。

それはともかく

ノーマル戻し進める為にあちこち整理した結果
YBR関係で調達した部品も掘り起こしたので
どこかのタイミングで出品しなければ。

今回見つけた関係部品を列挙。
・エンジン右カバーガスケット数枚
クラッチシューこうかんに挑戦した際失敗にそなえて買い込んだ物。
・5枚クラッチシュー 1セット
・クラッチ用リップワッシャー二枚
・外した四枚クラッチシュー1セット
純正は3枚クラッチだと思うが、世間では四枚クラッチと呼ぶようだ。
・クラッチ強化バネ4本
・tzr用だったか国内純正部品を調達
・スイングアームoリング2個
・スイングアームピポットシム2枚
・フロンドブレーキパッド
・リアブレーキシュー
・三叉ベアリング

今回外した部品達
・エンジンガード
・k用リアキャリア
・ツーポットキャリパー
キャリパーは大失敗。
外した奴の汚れがひどくて、ブレーキクリーナ―でよごれ落とししていたら

キャリパーが冷えて結露させてしまった。
バンジョーボルト抜いて樹脂キャップ外してたから
当然内部も結露してるんだよなぁ。
自分が乗る車体のつもりでぬるま湯と中性洗剤使って丸洗いにしてしまった。
現在完バラで乾燥中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 2日 (木)

入手からの経歴をまとめてみた

【車歴】
<2011年>
9月11日 納車される
9月23日 エンジンガード装着
9月25日 累計500km走行、オイル交換
10月10日 累計走行1000km、オイル交換
11月12日 ブレーキディスク交換(MAGZAM用?大径ディスクへ)
<2012年>
3月7日 イリジウムプラグへ変更
3月12日 フロントブレーキキャリパー交換(YBR250用2potへ)
3月18日 リアキャリア交換
5月28日 累計走行約2600km、スイングアームピポットグリスアップ
6月2日 オイル交換、クラッチシュー交換
6月3日 ハンドルグリップ交換
6月10日 スイングアームピポットグリスアップ(再)、リアブレーキカムグリスアップ
6月17日 Fスプロケット交換(14T→15Tへ)
7月28日 累計走行3200km突破。富士スバルライン走破。
7月29日 チェーン注油
<2013年>
1月29日 1年点検(ショップ)、オイル交換
5月26日 4101km突破
6月29日 チェーン給油
8月24日 転倒事故
10月3日 破損部品交換
    (メーターバイザー、ライトガード、スピードメーターケース下、Fフェンダー、ナックルガード、マフラーガード)
11月1日 前後タイヤ交換(純正→TT100GP F3.00-18、R90/90-18)
11月3日 ステップバー矯正
<2014年>
2月22日 オイル交換
4月29日 ステップゴム交換、クラッチワイヤー調整
<2015年>
1月25日 チェーン注油
1月31日 タイヤ空気圧調整、累計走行5191km
2月11日 チェーン注油
2月14日 スイングアームピポットグリスアップ、リアドラムブレーキ清掃
3月7日 バッテリー交換
5月5日 累計走行5257km、オイル交換
6月28日 フロントアクスルシャフトグリスアップ、フロントブレーキディスクノーマルへ
※スイングアームピポットのグリスアップには、ヤマハグリースA(耐水性)を使用
※タイヤ交換後走行距離は1156km未満と考えられる(5257-4101)
【2013年転倒事故について】
下りのコーナーでの握りゴケだったんだと考えてます。
さっさと滑ると悪評高いチェンシンブロックタイヤを国産ロードタイヤ変えておけばよかったと大後悔です。
EU純正のエンジンガードを装着していましたが、エンジンガードは無傷でした。
YBRは構造上、転倒時には固定ステップがガードの役目になる様です。
色々な方のブログで転倒時にメーターが壊れる書き込みを見受けましたが、
自分の場合はメーターケースの破損で済みました。
破損個所と修理状況は次の通りです。
<メーターバイザー>交換
<ライトガード>交換
<スピードメーター>ケース下のみ交換
<ステップ>修正
<Fフェンダー>ダウンフェンダーへ交換
<ナックルガード>交換
<マフラーガード>交換
<マフラーエンド>交換
※ブレーキレバーエンド削れあり(塗装しています)
※右前ウィンカーレンズはキズ消し処置

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月30日 (火)

譲渡に向けての準備や確認

原付二種を手放すとなると、何が必要になるかを確認。

【譲渡元で準備】書類は3通
・廃車証明・・・区役所に書類提出して発行。
         ナンバープレート、交付証、印鑑を持って区役所市税窓口へ標識返納書を提出
・譲渡証明・・・記名捺印して譲渡先へ提出
・自賠責証・・・車体に積んでるはず
横浜市の場合、用紙はPDFでDL出来るので準備が楽だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

充電器修理完了

霧雨降る中、昼休みに秋葉原へ。

ガード下の店でタクトスイッチ見つけたが、
一個100円は高いな。

結局秋月電子迄行くことに。

毎度の事ながら沢山の買い物客で混雑。
とても店内見て回れる感じじゃないので
入り口付近の店員にタクトスイッチの場所を聞いて
置き場までまっしぐら。

一個10円のスイッチが大きさ的にちょうど良さげ。
予備含めて購入。




帰宅後基盤へハンダ付けして
バッテリーに端子つないでコンセント差し込み
モード選択が切り替えられるの確認。

これで使えそうだ。
天気が良い夜に繋いで補充電しとこう。

| | トラックバック (0)

2015年3月 7日 (土)

スイッチ分解

充電器BALNo.1734のモード選択ボタンを押してもモードが変更されない件、



問題と思われる部品を摘出した。




個人的な興味で不具合部品を解体してみた




金属のトッププレート に4つのポッチ。


これは台座の樹脂から出てるピンを溶かしたものだろう。


それを除去すれば無事解体できるはず。




Dsc06867






無事解体。


右上から時計回りで


スイッチボタン、


フェイスプレート


金属ドーム接点(ペコ板)


ケース


スイッチを押しつけるとペコ板がペコっとへこむ




Dsc06869




ペコ板のアップ(本体側)、接点との接触痕が左右外周に残ってる。


ペコ板はリン青銅のプレス部品。


通電させたりクリック感演出したりと


シンプルだけど大事な部品。




スイッチの構造はシンプル。








Dsc06870




こんな汎用部品で不具合、かぁ。


接点復活剤で直ったとの書き込みも複数。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

バッテリー変えなきゃ

さて

オヤジのKGはキックがついているので

バッテリが放電しててもあまり気にしていなかった。
が、
充電器を使ってみても充電開始しない。
どうやら過放電させすぎてダメ、って事らしい。
↑前回ここまで
で、
オヤジの持ってる充電器はコレ。
繋いでみたが充電が開始されず。
どうやら7V切ると過放電させすぎで充電NG、と取説に書いてあった。
バッテリーの買い替えを検討して、amazonを検索。
これが最安。
駄目になったバッテリーはどうやらNAPSで無料引き取りしてくれるらしい。
処分のめどは立ったから 調達はネット通販でもなんでもいいか。
YBR搭載の純正品は、ユアサの中国版?
品質はそんな悪くなかったんじゃないかな?
マキシマバッテリの開放式。
開放式を積んだバイクに密閉式を積んではイカン、
という話を聞いたことがあったような。
ただ、YBRに関してはどうだろう?


これはシールドタイプで安い!

が、無難に行くなら台湾ユアサ製か

どれにするかなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)